CACICOブログ HOME >

CACICOブログ

②気密の確保 一番大切な事

気密の確保が大切な話しを続けています。

今回は、先日保留していた項目について。

説明が、絶対的に長くなるからです、敢えて回を分けました。

さて、お待ちかね(?)の

気密の確保が、湿度コントロールに不可欠である理由をまとめます。

 

度々話してきましたが、快適な空気環境を造る場合に必要なのは、温度と湿度のコントロールです。

温度は比較的、力業でコントロールできますが、湿度はそれが難しい。

何故ならば湿度の拡散能力が高すぎて、「力業」が通じないのです。

 

まず、湿度コントロールに不可欠な項目を挙げてみます。

気密の確保

結露しないサッシ

全熱交換仕様の換気システム

この3つは欲しいですね。

 

さて、気密の確保に戻ります。

夏の湿度コントロールと言えば除湿です。

エアコンは、除湿をする事によって空気温度を下げる機器。

室外機にはドレイン管が設置されており、そこから水が流れているのを見た事がありますよね。

あれは室内の湿気なのです。

ですので、エアコンがあれば除湿できそうですが、実はそうではありません。

なぜなら、実の所エアコンは「除湿」が苦手です。

正確に言うと「除湿」だけ行う事ができません。。

こんな経験ありませんか?

温度を下げすぎないように29℃に設定すると、途中からモアッとした感じになる。

これは、下記のような流れで起こります。

①稼働直後

設定温度まで室温を下げる必要があるので、除湿も同時に行われている。

②室温が目標値になる

室温を下げる必要がなくなるので、除湿もしなくなる。

③室温が上昇しない

室温が外気温の影響を受けて上昇するより先に、湿度の方が外部湿度の影響を受けます。

つまり、29℃のまま高湿度になってしまい、モアッとした感じになる。

この状況を定温・高湿度と勝手に呼ぶことにします。(©CACICO)

解決するには、設定温度を下げて「除湿」させるしかありません。

でも冷えすぎるので、「リモコンの取り合い」が発生します。

と、まぁこんな所。

 

この現象、実は「高断熱で低気密」な建物でもっとも顕著に表れます。

なぜなら外気温からの影響を抑制しているのに、外部湿度の影響がそのままだから。

低断熱・低気密であれば、エアコンは動き続けて、結果として高湿度にならないのです。

 

ちょっと脱線しますね。

日本の電化製品はすごいです。

最近は、「再熱除湿」という特殊機能を持つエアコンが増えてきました。

これは言葉通り、除湿して冷えた空気を「加熱」して設定温度に戻す方法。

温度と湿度をどちらもコントロールしてやろうという試み。

体感した事がないので何とも言えませんが、理にはかなっています。

当然ながら、電気代は結構かかるらしい。

 

さてまとめです。

夏場の暑さを、精神で我慢しない場合の選択肢です。

A.低断熱・低気密

   エアコンの稼働時間は長いが、定温・高湿度にはなりづらい。

B.高断熱・低気密

  エアコンの稼働時間が短く、定温・高湿度状態が多くなる。

  再熱除湿エアコンを入れる事により理論的には防げるが、

  エアコンの稼働時間は長くなり、Aより電気代がかかるかも?

C.高断熱・高気密

  エアコンが止まっても、外部からの湿度移動が少ないため、

  定温・高湿度になりづらく、一番エアコンの稼働時間が短い。

D.低断熱・高気密

  エアコンの稼働時間が長く、かつ湿度補給がないため

  低湿度状態に置かれる。(高湿度状態よりは快適)

 

という訳で、夏場エアコンの稼働時間を短くし、かつ低湿度を保つためには、「気密の確保」が必須なのです。

読売新聞の抜け駆け

読売新聞が8月31日付けで、「来春の8%増税は見送るべきだ」という社説を掲載しました。

 日本経済の最重要課題は、デフレからの脱却である。消費税率引き上げで、ようやく上向いてきた景気を腰折れさせてしまえば元も子もない。

 政府は、2014年4月に予定される消費税率の8%への引き上げは見送るべきだ。

景気の本格回復を実現したうえで、15年10月に5%から10%へ引き上げることが現実的な選択と言えよう。

 

これが初めの三行。細かいですが、初めの二行は仰るとおりです。

そんな事、ちょっと考えたら解るでしょ。と言うのが素直な感想。

 読売新聞を含めて、マスコミ(真面目にチェックしていません)全体が、消費税の増税に賛成でした。

今回の読売新聞の趣旨は

「経費が良くなってない(デフレのまま)」→「消費税増税」→「景気が腰折れ」

という、ごくごく当たり前の理屈です。

 

話をまとめます。

消費税増税・否定派

「景気が良くなっていない」→「増税」→「景気が悪くなる」  だから今回の増税は見送り

消費税据置・肯定派

「景気が良くなっていない」→「でも増税しなければならない」→「何か対策をして、景気は何とかしろ」

否定派も肯定派も

消費税率を上げると、景気が悪くなる(腰折れする)

という点に関しては、実は(みんな)認識が同じなのです。

細かい事は無視しますが、

「増税」して「何かの対策」をするぐらいなら、単に「増税」しない方が良いのでは。

と思う訳です。

そんな当たり前の事が「読売新聞さん」、こんなタイミングでないと言えないのです。

「こんなタイミング」とは何か?

消費税増税を応援する代わりに、「新聞だけは増税対象から外して欲しい」というのが新聞各社の要求でした。

この「新聞を対象から外す」というのが、どうもダメになったみたい。

社説から引っ張りますね

15年10月に消費税率を10%に引き上げる際は、国民負担の軽減が不可欠だ。税率を低く抑える軽減税率を導入し、コメ、みそなどの食料品や、民主主義を支える公共財である新聞を対象とし、5%の税率を維持すべきだ。

自分から「民主主義を支える公共財」と言い切る、面の皮の厚さは失笑ものですが、

自分が優遇されなかったから、「消費税増税自体も反対」

こんな情けない理由なのではないのかなぁ、と思う訳です。

もし、そんな子供じみた理由ではなく「もっとまともな理由で意見が変わった」のであれば、是非教えて欲しいです。

どちらにしても「読売新聞」さんは意見を変えました。

ですが他の新聞社は、まだ「来年度の増税賛成派」です。

「読売」に抜け駆けされた今、他の「民主主義を支える公共財」さん達が、どう出るのか?興味津々です。

②気密の確保  だから大切

さて、前回で比較が終了しました。

結論は

気密を確保するデメリットが見つかりません。

というもの。

冗談抜きで、「気密」に悪いイメージを植え付けられているだけな気がします。

イメージの問題である、と言うのは試してみたらすぐ分かります。

「気密」という言葉を「すきま風」に変えてみますね。

気密を確保するデメリットが見つかりません→すきま風を少なくするデメリットが見つかりません

となります。

自宅のすきま風が多い方が良いですか、少ない方が良いですか?

との質問です。あなたは何と答えますか?

 

CACICOにおいて「気密」の優先順位は非常に高いのですが、

その理由を改めてまとめます。

①高断熱の副作用を防止する唯一の手段だから。

②湿度コントロールするには不可欠な要因。

③新築後の後施工がほとんど不可能。

④新築時のコストアップが少ない。

という所です。各説明を。

前提条件として、断熱は不要、もしくは冷暖房もしない。と言うのであれば気密も不要です。

CACICOでは、快適な生活の為には冷暖房は(できるだけ減らしたいが)不可欠が前提。

少しぐらい(?)の暑い寒いは我慢する。という方には、ごめんなさいです。

気密を確保すれば、冷暖房時(室内と室外の温度差が大きい)における、躯体内部の結露を防止できます。

湿度の移動は、温度の移動と違って障害物をあまり気にしません。

その問題発生箇所を、36センチ角→8センチ角という風に、少しでも減らすのが気密施工です。

この項目は、①と理由かぶります。大切なので次回にまとめまて話をします。

内壁工事をした後では、隙間の場所特定が不可能となります。

なのでリフォーム段階で気密を取るには、かなり大がかりな工事が必要です。

気密の取り方は様々なので、一例をあげます。

「現場発泡ウレタン」で気密と断熱を一度に済ます方法は、その簡便さから増えています。

言える事は、どんな手法でも、気密は「資材」ではなく、「意識」の問題です。

気密を理解さえすれば、それほどコストをかけずに出来る工事です。

 

さて、そんなに気密が大切ならば、何故CACICOの順位で二番目なんでしょうか。

「住宅を快適にするコストのかけ方」を再掲します。

①足下の断熱強化

②気密の確保

・・・

と書いています。

これにもちゃんと理由があります。

大きくは下記の二つ。

A. 基礎単体では気密が確保されているので、断熱工事による副作用がない。

B. 床断熱では家全体の気密確保が難しい。

 

つまり足下の断熱方法を変えないと、気密確保自体が難しい。

なので足下の断熱変更と強化を先にしようという訳。

では、個々を説明します。

A

当たり前ですが基礎自体には隙間がありません。(気密的にはC値=0)

断熱工事に付きものの、先ほど①で出てきたような、副作用がありません。

B

床断熱で気密を取るのは非常に困難です。

なので気密を取りやすい、基礎断熱に切り替える事が優先します。

 

何故、床断熱が気密を取りづらいのか?

私は床断熱で気密を取った事がないので、想定できる問題点を下記にまとめました。

①床には、多くの貫通部がある。

キッチンやトイレ、手洗い機器には、床下からの設備配管が貫通している。

②床下点検口の気密は?

特に点検口+収納という商品は、断熱すら出来ません。

③室内間仕切り壁の内部の気密確保

室内の間仕切り壁は、内部で下地材の継ぎ目でもあります。そこの気密確保は・・・

④ユニットバスは気密が取れない。

  ユニットバスは床を開口して設置します。ですから断熱工事自体すらも出来ません。

という事で、

足下の断熱強化→気密確保

という順番ができたのです。

次回、「湿度コントロール」をご説明して、次のステップに進みたいと思います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

②気密の確保  較べてみよう

前回のまとめです。

一般の家における気密とは

造り手も知らない場所に、自然換気にとって有効ではない隙間が、あちこちにある家

という結論でした。

さて、一方同じ表現で高気密住宅を表してみたいと思います。

高気密の家 (1を大きく割っている場合)

サッシや玄関扉の隙間以外には、ほぼ隙間がなくなっている家

という所でしょうか。

例えばC値が0.5だった場合、8センチ角の隙間という事になります。

ちなみに気密は、現場の検査で計測した結果。というところが断熱とは違います。

断熱は、図面上の計算値であり、気密は実測値なのです。

話しを戻します。

一般の家と高気密の家を較べてみます。

(勝手な)イメージで較べると

「呼吸する家」Vs「ペットボトル住宅」

なのですが、数字で表すと

「隙間が36センチ角」Vs「隙間が8センチ角」

なのです。

すきま風が大きい事にメリットを感じる人っているのでしょうか?

次は、すきま風が大きい事のメリット・デメリットを考えてみます。

メリット

はっきり言って思いつきません m(_ _)m

アルミサッシ以前の木製の窓レベル(雨戸がないと、水が入る)の隙間があれば、「自然換気」できると言って良いです。

私は以前、ボロボロの借家(大家さんごめんなさい)に、

「リフォーム勝手にやって良いよ」という条件で住んだ事があります。

昭和初期!! みたいな家だったですが、室内でガスストーブ焚いても換気の必要がなかったです(笑)

ですが現在の新築において、そんな大きな隙間はあり得ません。

デメリット

室内の冷暖房(外気温と室温の差が大きい)時に、隠蔽部で結露をおこす可能性が高い。

換気装置の効率が悪くなる。

冷暖房の効率が悪くなる。

湿度コントロールが不可能になる。

 

デメリットだったら、いっぱい書き出せるのですが・・・

②気密の確保 ~気密の定義

「住宅を快適にするコストのかけ方」を順を追ってご説明しています。

前回ようやく①足下の断熱強化が終わりました。

コストをかける順の二番目は「気密の確保」です。

高気密住宅と言うのは、一時期「ペットボトル住宅」などと揶揄され、

「息苦しい」とか「人工的」などのイメージを吹聴されたものです。

今でも、「気密は必要でない」という建築屋さんは多いです。(大部分?)

これは、「気密」に関して、自社がどのような住宅を造っているかの認識が無いためです。

まず現状把握。

家造りを応援する情報サイト様からの転載です。

 

個人としては、C値は1を切るべきだと思いますが、問題はそこではありません。

一般的な住宅の数値です。

一般の住宅というのは、気密という意味で、どのように定義すべきか?

前述の「人工的」と差別化するため、「自然」を取り込む風の表現が多いです。

では、現実としてはどうでしょうか。

家全体で「36㎝の正方形」の隙間という所に着目してください。

40坪の住宅における隙間の合計が、36センチ角。

というのは、1坪あたりに換算すると、5.7センチ角の隙間です。

つまり6畳(3坪)の部屋においては、約10センチ角。

このサイズの隙間で「自然を取り入れる事」ができるしょうか?

隙間は、室内側から見れば、内壁や取付部材で隠蔽されています。

なおかつ「配管貫通部」、「サッシ取付部」、「壁と屋根の取り合い」、「体力面材の隙間」

等にバラバラと発生している。

どう考えても室内換気の役には立たないです。

結論として

「高気密は必要ない」と言っている「普通の住宅」は、気密という意味では

「造り手も知らない場所に、自然換気にとって有効ではない隙間が、あちこちある家」

と定義できると思います。

グリーンスムージーとフライドポテト

スムージーマシーンを購入しました。

買ったのは8月の頭ですが、ようやく味のバランスが分かってきました。

Wikiによると「スムージー」は、

凍らせた果物や野菜を使ったシャーベット状の飲み物との事。

今の流行は「グリーンスムージー」。

こちらは、生の葉野菜・果物と水をミキサーした飲み物。

つまり、スムージーに

「緑の野菜が必須」と「常温」

という条件を付けたのがグリーンスムージーと言う訳です。

さてさて、「グリーンスムージー」ですが、

確かに野菜を摂取するには向いています。

葉野菜をサラダ(生)で摂取しようと思ったら、結構大変。

だったら「全部すり潰して飲んじまえ」という回答が、なかなかにアメリカ的。

そう言えば、以前アメリカで、

「野菜を食べてる?」

という質問に対して、

「あぁ、毎日食べてるさ」

と答えて、フライドポテトにケチャップを付けて食べてみせた。

と言う話を思い出しました。

グリーンスムージーからフライドポテトまで、

アメリカでの「野菜食」は、幅が広いです。

 

初めて作った時「ソイレント・グリーン」が脳裏をよぎったのは内緒ですm(_ _)m

内覧会情報です(^^)/

西建住宅さんの内覧会情報をお届けします。

8月31日(土)・9月1日(日)

地図は、上記リンクでご確認ください。

また、内部の写真は西建住宅さんのブログに出ていますので、

こちらも是非ご覧ください。

庇のアップです。

で、全景はこんな感じ。

とても素敵な家に仕上がっています。

内覧会に限らずイベントでは「駐車場」で困る事が多いのですが、

今回は東隣の「ヤクルト」さんの広い駐車場をお借りできたとの事です。

ホント気軽に立ち寄れる内覧会になっています。

私も内部を見ていないので、お邪魔しようと考えています。

①足下の断熱強化 その4

サクッと終わる予定だったのですが、ずるずると続いていますm(_ _)m

前回は床下断熱の説明でした。

残る2つには共通点が多いので、まとめてお話しします。

②基礎・内側での断熱

で、③基礎の外側断熱です。

上記2つのイラストは、他社さんのものですので、基礎から上は忘れてくださいm(_ _)m

 

2つの共通点は、

床下は「自然環境」という床下断熱とは違って、

床下も「室内環境」である事です。

一方、相違点は、

②基礎の内断熱は、基礎コンクリートが外気温で蓄熱されており

③基礎の外断熱は、基礎コンクリートが床下温度で蓄熱されている

という点。

コンクリートが木材と同じくらいの蓄熱量しか持たない。

のであればどちらでも良い話です。

 

以前、外壁の断熱は、充填断熱でも外断熱でも構わない。

書いた事があります。

それは木造という構造体は、その蓄熱量が無視できる程に少ないからです。

ですがコンクリートの蓄熱量は、ものすごいです。

この蓄熱能力を使わないのは勿体ない。

先ほど、どちらも床下を室内環境としている。と書きましたが、

外断熱の方が、有利であるのは間違いがないところです。

なので、足下の断熱強化という意味では

①床下断熱 < ②基礎・内側断熱 < ③基礎・外側断熱

という優劣がつきます。

それでいて、コストアップは少ない訳なので、

CACICOお勧め一番は、「足下の断熱強化」と言う事で、

基礎外断熱を推奨しています。

①足下の断熱強化 その3

今回は「少しコストアップ」になる基礎外断熱の性能を比較検討します。

この話しは「住宅を快適に対するコストのかけ方」の第一弾という位置づけ。

以前選択肢を出しましたが、足下の断熱は3種類。

①床下での断熱

②基礎・内側での断熱

③基礎・外側での断熱

これを図面と共に説明していきます。

まずは①床下での断熱

この図は、根太の間に断熱材を入れていますが、大引きの間に入れる方法もあります。

ですが基本は同じ。構造体の間に断熱材を入れる。

外壁における「充填断熱」という手法の床バージョンですね。

この後、合板→フローリングという施工が行われます。

私は、外壁の断熱は充填断熱でも外貼り断熱でも、構わない。

と考えています。

もう少し正確には

断熱材が均一に施工され、気密を確保するなら、外断熱でも充填断熱でも構わない。

でも、それはあくまでも外壁の話です。

床面に関しては違います。

理由は、

「壁に触れなくても生活できるけど、床を触らずには生活できない」

からです。

回りくどい表現ですが、これは熱の伝わり方の違いから発生します。

熱の伝わりは、「放射、対流、伝導」の3つです。

放射は電磁波(赤外線)を通じての熱移動。 例) 太陽光、コンクリートの照り返し

対流は空気や水を通じての熱移動 例)エアコンは空気を使って冷暖房

伝導は物体を通じての熱移動 例)使い捨てカイロを触ると暖かい

で、部屋の中で生活する「あなた」をイメージしてください。

冬季に窓の近くは寒いですよね。

なので、わざわざ窓のそばや壁側に近づきたい人はいないでしょう。

窓や壁からは、冷たい輻射熱が出ており、それを「寒い」と感じるのです。

それは当然ながら床でも同じ。

ですが、床はそれだけではありません。

「放射」熱とともに「伝導」熱も伝わってくるのです。

何せ、人は足を付けないと生活できないから。

先ほどの図をもう一度見てください。

面積の20%は、外気温(=床下)との間に構造体しかないのです。

その上を歩くのですから、足の裏が冷たいですよね。

つまり、

放射による伝達が主である「壁・天井」

放射と伝導の組み合わせで伝達される「床」

とは、断熱の方法が違う。と言う訳です。

ちょっと、気合いを入れて書いたので、結構な量になってしまいました。

続きは次回に譲ります。

①足下の断熱強化 その2

先日の続きです。

「断熱材単体では、コスト的に有利」

と言うのが昨日の結論でした。

ですがそれ以外にもコストに関する問題はあります。

それは、基礎巾木の仕上げです。

大きく二つに分かれます。

①コンクリートの打ち放し仕上げ

②何かの仕上げ材を施工する

香川県には、「打ち放し」の建築が多いです。

香川県庁舎や県体育館(丹下健三氏)の流れでしょうか。

建物全体が「打ち放し」というのは、モニュメントならばともかく、

生活や仕事の場としては、厳しい環境となります。

話がそれましたねm(_ _)m

①の場合は、それまで不要であった基礎巾木の仕上げが必要になりますので、

コストアップとなります。

②の場合は、「どのような仕上げ」かによって変わります。

昔ながらの、モルタルの刷毛引きと較べればコストアップでしょうが、

それ以外の方法であれば、変わらないか、コストダウンになることも多いです。

全部ひっくるめると

「少しだけコストアップ」する。

と言うのが、近しいところではないでしょうか。

さて、2回に渡ってお金の話をしてきました。

次は、性能の話をしたいと思います。

ホーム

検索
Feeds
Meta
39 / 86« 先頭...102030...35363738394041424344...506070...最後 »

ページの上部に戻る