CACICOブログ HOME > アーカイブ > 2016年1月のアーカイブ

2016年1月のアーカイブ

住宅の裏動線

先日の金曜日は、雨だったので外壁工事はストップ状態でした。

(ホントは金曜中にアップする予定がずれ込みました)

なので、朝からベッドシーツを洗濯。

雨天に洗濯できるのは、デシカだからこその荒技ですね。

さて、洗濯しながら考えた事があります。

裏動線って聞いた事があるでしょうか?

この裏動線、当然ながら主動線とセットで使われる用語

どんな感じかというと、レストランなんかが分かりやすいですかね。

主動線はお客さんの通る動線で、

裏動線はスタッフの通る動線。

この二つが重ならないのがベストである事は言うまでもありません。

さて、この裏動線という概念を住宅に持ち込む人が結構います。

しかも家事動線と言う名前に変えて・・・

家事動線を考えて設計するのは、住宅設計の基本。

ですが、その動線を、裏動線として設計するのです。

先ほど例に出したレストランであれば、

お客さん、つまりサービスを受ける側と、

従業員、サービスを提供する側

この二つに、綺麗に分かれます。

当然「お客さん」最優先で正解なのですが、

住宅の場合はどうなんだろうなぁ?

と思ってしまいます。

家族には、サービスを受ける側と提供する側という、ハッキリとした区分けはないと思うのです。

ご主人は家に帰ると何もしない。(昭和チックですね)

だったとしても家族なんだから、同じ動線を動けば良いのではないですかね。

なにぶん動線を2つ取るスペースが勿体ないです。

言い訳として、来客者を持ち出す場合もあります。

雑誌に掲載されるような、日々パーティ!!という家なら必要かもしれませんが、

個人宅における頻度を考えると無駄に思えます。

確かに昭和の家には、普段使わない「客間」が玄関近くにありました。

で、その平成バージョンが「裏動線」だと思うのですね。

住宅での活動は、その大部分が「家事」。

だったら、家事動線が主動線になるべき。

店舗と違って住宅では、「お客さん」と「スタッフ」は同一人物なんですから。

丸まるマルシェが侮れない

丸亀町商店街にある「丸まるマルシェ」が、最近気になります。

うどん県高松市民オンリーネタですいません。

無農薬野菜を売っているお店は、うどん県にも数多くありますし、

スーパーに行っても地産地消コーナーは常設しています。

そんな中でも丸まるマルシェの野菜は目を引きます。

まずは芽キャベツ

IMG_5431_DxO

いや、芽キャベツって、小さいキャベツかと思っていたのですが、別の種類なんですね。

なんて男らしい売り方。

ベーコンと炒めてみました。

IMG_5397_DxO

続いてはルッコラ。

IMG_5396_DxO

野性味たっぷりの花付きルッコラ。

この花まで食べられました。

他にも巨大なオレンジカリフラワー

IMG_5470_DxO

サイズを分かってもらうため、21センチの鍋敷きと共演してもらいました。

茹でるとでかい鉢が大盛りに。

IMG_5472_DxO

他ではあまり見かけないロメインレタス(シーザーサラダには欠かせない)

も出現率が高く、CACICOにとっては要チェックなお店です。

クウネルくん、さようなら

Ku:nel(クウネル)という雑誌をご存じでしょうか?

マガジンハウス社が2003年から隔月で出している雑誌。

CACICOも購読していた時期があったのですが、先日大幅リニューアルされたと聞きました。

表紙を見て目を疑ったのですが、余りの変貌ぶりに(ネタのために)思わず買ってしまいました。

IMG_5500_DxO

表紙だけ比べても全くテイストが違うのですが、中身もそれ以上。

このリニューアル、Ku:nel愛読者にはもの凄いショックだったようです。

アマゾンのレビューを見ると

1月26日現在、総レビュー数251の内、☆1つが224という評価。

☆1をいくつか読んでみましたが、ほとんどがお葬式の弔辞。

とても礼儀正しく、お別れを述べています。

あっ表題のクウネルくんは、Ku:nelのキャラクターです。

figure-900x400-700x311

JRスイカのペンギンをデザインした坂崎千春さんの作品。

Ku:nelという名前は残りましたが、クウネルくんはリストラされました。

CACICO的には、

クウネルくんの晩節を汚さずに済んだ事が、唯一の慰めです。

清潔な環境

デシカで手に入るもの。

いえ、デシカでしか手に入らないものを一つだけ挙げます。

それがタイトルの「清潔な環境」

清潔な環境とは、CACICOの勝手な定義によると

カビの発生しづらい環境を指します。

カビ発生の条件は、ざっくり温度と湿度と養分

この中でどれか一つでもコントロールできれば良いのです。

まずは温度

・・・は無理ですね。何故なら人間の快適条件と被っているから。

夏も当然ながら高性能住宅は、冬場の室温を上げる事が出来るため、カビも一年中元気。

次に養分 

これは掃除をこまめにすれば少しはマシですが、

その対象は埃や人間の老廃物(髪やフケ、皮脂)、石鹸カスぐらい。

何ですが現実は、有機化合物の全てが、多かれ少なかれカビの栄養源。

具体的には、プラスティック、コーキング、塗料、木、クロス・・・って室内のほとんどかも。

これを無くす事は不可能です。

商品の効能に書かれている抗菌仕様なんて名前だけですしね。

で、最後に残るのが湿度。

湿度コントロールしてカビを抑制する。

これは温度と違って理論的に可能。

何故なら人とカビとは快適な湿度領域がずれているからです。

夏場カラッとさせて、冬場は、カラッとしすぎない相対湿度

これが実現できれば、かびの繁殖を抑制出来るのです。

で、それが可能なのが、CACICOの知る限りデシカだけなんですね。

カビに厳しく、人に優しい湿度環境。

完璧にダイキンの回し者状態ですが、

一年間デシカと暮らしたCACICOの実感です。

高知は美味しい 日曜市

高知の日曜市、は有名ですね。

今回のヒットは、ジャンボ椎茸。

IMG_5370_DxO

コルクの鍋敷が21センチなので、そのサイズが分かりますよね。

で、ビックリしたのがその周りに付いている白いもの。

椎茸をのけると、

IMG_5371_DxO

こんな感じで、胞子がびっしり。おおすごい。

IMG_5367_DxO

直火でこんがり焼いて頂きました。

一枚100円というビックリ価格で販売されていたため、

その後スーパーで椎茸を買う気が起こらない」という後遺症が・・・

高知は美味しい Nook’s Kitchen

去年ネタで申し訳ないですが、高知に行ってきました。

目的は、美味しいジビエ料理のお店があるから。

ヒサモトさんのワイン祭2015に出店していたお店で、

店長さんのたっての願いで参加してくれたそう。

そのお味は、「ジビエだから」という言い訳が一切不要の

ただただ美味しいお肉料理でした。

これは食べに行かなければ、と心に誓ったお店が

Nook's Kitchen (ヌックス・キッチン) FB

前振りが長かったですね。

一週間のうち、木・金・土だけオープンしているジビエ料理屋さん。

IMG_5355_DxO

カウンター6席とテーブルが8席(ぐらい)のコンパクトなお店。

その日カウンターに座ったのは、CACICOも含めて、全員が県外の人でした。

さて食べたものは、

シカとイノシシのオンパレード

これが前菜。

IMG_5359_DxO

その後に、しかの血と肉のソーセージやシカモツ(ハツ、レバー、タン)の鉄板焼きを食べた後、メインがこちら

IMG_5362_DxO

サラダでも注文しようかと口にしたら、

「盛り合わせに付いているから被りますよ」

と止められた結果、オール肉祭り。

なのですが全て美味しくて、「もっと食べたい」状態で完食しました。

あっ、唯一肉でなかったメニューはこちら

IMG_5364_DxO

こちらも美味しかったです。

ご主人曰く、高知のジビエは世界でもトップレベルだそう。

実際、県としてもジビエ料理に力を入れているようですが、

そのスタートは地産地消ではなく害獣対策。

高知県庁のホームページに行くと、ジビエの担当は鳥獣対策課。

野生鳥獣による農林作物等の被害対策らしい。

両手を合わせて頂かないといけないですね。

省エネと快適 梅雨編

今までの2編を読まれた奇特な方はお気づきだと思いますが、

省エネと一番相性の悪い季節が梅雨です。

何せ、温度は快適で湿度が高い。

必要なのは、除湿する為のエネルギーです。

机上の話としては「除湿負荷」と言うのですが、

現実的な対応が余りありません。

除湿専用機、エアコン除湿等が考えられますが、部屋ではなく建物全体を考えると

ちょっと気が遠くなりますね。

結局、現代において省エネで快適と言うのは、

温度という側面だけからみた尺度である事が分かります。

 

無断熱・低断熱住宅が、暑い、寒い・湿潤、乾燥の全てを、住む人任せの住宅

とすれば、

省エネ住宅は、湿潤、乾燥が、住む人任せの住宅

と言うのは言い過ぎでしょうか?

CACICO的には、

人間に快適な「温度と湿度」を数値で明記し、

それを再現できる設備を構築する。

省エネは、そこから始まると思うのですが、

何かフライングで物事が動いている気がしてなりません。

省エネと快適 夏編

前回の続きです。

冬、省エネ一辺倒では快適に手が届かない。と言う話でした。

皆さんも自宅に加湿器とか有りますよね。

さて、今回は夏の話です。

こちらは前回前振りしたとおり、冬より厳しい話となります。

冷房においても、あるレベルまでは省エネと快適はWINWINなのですが、

とても早い段階で問題が発生します。

それは冷房、除湿共にエアコンに頼っていることが原因。

低断熱の家では、エアコンの稼働時間が長いのですが、

高断熱化した場合、外部からの熱の侵入が抑制でき、

少ない稼働時間で適温がキープ出来ます。

冬と同様夏においても、それ自体はとても良い事ですが、問題は湿度。

ちょっと長くなりますが、冬と夏の違いを検証します。

まず冬の場合は、

室温を上げる→相対湿度が下がる→加湿

というプロセスを辿ります。

暖房器機と加湿器機が別なんですね。

具体的には

室温16℃  相対湿度50% 

の空間を20℃まで暖房します。

すると

室温20℃  相対湿度38.9%

になります。

絶対湿度はどちらも5.6gと同じですが、

室温が変わったことによって相対湿度が下がり、

人にとって乾燥した空間になるのです。

なので加湿器で湿度を上げたくなる訳です。

 

一方夏は違います。

室温を下げる時に、湿度も同時に下がるのです。

こちらの方が一見合理的なのですが、

住宅の省エネ化が進み、エアコンの稼働時間が短くなれば話が変わってきます。

室温はキープ出来ても、湿度はキープ出来ないのです。

なぜなら省エネ住宅で有ろうとも湿度の発生を抑制できないから。

湿度は、

①人間自身と生活の中から

②24時間換気で外部から

つまり省エネである事で温度環境は良くなるのですが、

湿度環境は(あまり)変わらないんですね。

除湿器として、もっとも能力が高いのはエアコン冷房による除湿なのですが、

エアコン除湿とは、冷房のついで除湿なので、

冷房せずに除湿だけする事が出来ないのです。

すごく遠回りしてしまいましたが、省エネ住宅では

「温度は適温だけど、湿度だけが高い」

この状況下が長く続くのではないかと想像します。

夏の快適は、

断熱付加による冷房エネルギーの削減と、

何らかの除湿器による除湿エネルギー使用

が必要なのですが、

その除湿器が無い、もしくは力不足というのが現状です。

省エネと快適 冬編

明けましておめでとうございます。

今年も、ボツボツと進めていきたいと思っております。

さて、エコ、省エネ、ローカーボン(CO2)、パッシブ

このようなキーワードが、住宅関係には溢れています。

その中で、一番メジャーな「省エネ」と「快適」の関係を考えてみます。

無断熱・低断熱の建物で、暖房する事を

「穴の開いたバケツに水を入れるのと同じ」

と評することがあります。

断熱がスカスカだと、どんなに暖房しても熱が逃げていく。

当然ながら燃費が悪く、なおかつ不快。

この環境に断熱を付加すると、

少しの暖房で快適温度になり、その状況を保つエネルギーも少なくて済む。

暖房の稼働時間が短い事は、気流の発生も短時間で、温度ムラも少ない。

いろんな観点から室内環境は良くなります。

正に省エネを進めることが、そのまま快適を作り出すことなんですね。

 

ではひたすら省エネを進める、つまり断熱を増やし続ければ快適になるのでしょうか?

断熱を付加する、と言ってもいろんな段階(性能)があります。

で、このCP(費用対効果)は、二次曲線を描きます。

初期段階では劇的な変化がありますが、あるレベルからはそれほどでも無くなります。

いわゆる頭打ちになるのですね。

ですが、それがゴールかと言うとそうではありません。

人間の快適は温度だけで決まる訳ではなく、湿度も関係しているのです。

日本の冬は低湿度ですから、そのままでは高温低湿。

低温低湿よりは大分マシですが、そのままではベター止まり。

ですのでベストを目指そうとすると、加湿をする手段とエネルギーが必要。

この段階では、湿度をプラスするという、エネルギーを余計に使う行為が必要となります。

つまり

断熱付加による暖房エネルギーの削減と、

加湿器等による加湿エネルギーの増加によってはじめて

快適をベストに近づける事が出来るのです。

と言っても加湿に使うエネルギーは、それほど多くありません。

うどん県住民だから冬のウエイトが少ない・・・という以上に、

加湿という行為が比較的簡単だから。

お風呂場の戸を室内に開放する、洗濯物を内干しにする等の、

生活の知恵レベルでもそれなりに加湿出来ます。

温度も湿度も、「引く」より「足す」が圧倒的に簡単なのです。

人間自体が発熱&発汗する動物ですから当然と言えるかも知れません。

ホーム > アーカイブ > 2016年1月のアーカイブ

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る