CACICOブログ HOME > デシカ日記

デシカ日記のアーカイブ

ブログに復帰

ふと気づくと、半年近くブログを更新していません。

今までブログを中断したことは多々ありましたが、確実に中断の最長記録を達成してしまいました。

さて、何事も無かったかのように再開したいと思います。

今回はデシカネタから。

今年は弊宅のデシカに改良を加えました。

と言っても本体を改造した訳ではありません。給気側に外気清浄機を付けたのです。

トルネックス外気清浄機

詳しくはリンクを見て欲しいのですが、電子式集塵フィルターなのですね。

換気システムの給気側には、汚れ防止のフィルターが装備されています。

デシカで言えば、大きなゴミや虫を捕るプレフィルターと、エアフィルターが取り付くのですが、

このエアフィルターには選択肢が3つあります。

標準、高性能、PM2.5対応種類があります。ざっくり性能としては、

標準    → 大きめの粉塵なら捕れるよ

高性能   → 花粉にも強いよ

PM2.5対応 → PM2.5も捕れるよ

という感じでしょうか。

で、標準品は洗って再利用できますが、高性能とPM2.5対応は半年ぐらいで使い捨て。

なので良いフィルターを使う場合は、ランニングコストも馬鹿になりません。

しかも能力が高ければ高いほど、目詰まりがし易い。というのがこの手のフィルターの宿命です。

結果、

高性能フィルターを付けてメンテナンスを怠ると、給気量不足に陥りやすく、

かといって、標準フィルターでは綺麗な空気環境が手に入らない。

と言うジレンマに陥ります。

それをまるっと解決出来るのが、今回導入した電子集塵式フィルターです。

s-image201804

 

理屈をメーカーの文章から抜粋します。

金属の極板を数ミリ間隔で積み重ねた構造で、その間に高電圧をかけて粉塵を吸い取っていますので、洗浄して何回も使え、さらにファンの駆動エネルギーも小さく、省資源・省エネルギーです。

ポイントは、金属板の隙間が数ミリもある所。

「微細な埃」にしてみれば、これはすごく大きな空間ですから、目詰まりは起こらない。

電圧をかけて引き付ける方式だから出来る大きな隙間なんですね。

結果としてメンテナンスも、年に1回洗浄するだけ。なので電気代以外のランニングコストが不要。

それでいて、高性能な上に、給気量の低下や機械の汚れ等も防止できる。

宣伝文句を信じるならば、これは後付けでも導入する価値があります。

なので実験です。

s-IMG_8904

本体はこんな感じ。

でもって、これをデシカの給気ラインに挟み込みます。

s-IMG_8913

無理矢理ですが、なんとか収まりました。

さて、正しく動作しているかどうかを確認する為に、デシカのフィルターも取り替えています。

2ヶ月ほど経ったフィルターはこんな感じ。

s-IMG_9451

普通なら結構黒ずんでいるハズですが、全く汚れがなく、取り付けた当時のまま。

丁度、花粉の時期でもあったのですが、(家族の)体感的にも効果があった気がします。

(厳密には比較する事が出来ない為、感想レベル)

今までもPM2.5対応フィルターを使っていたのですが、一般的なフィルターは、使用状況(期間)によって給気量だけではなく、捕集率自体も変わる気がしますね。

換気システムの問題点が、一つ無くなりました。

28℃オーバーの快適

ず~っと降り続いた長雨がようやくあがりましたね。

と、思ったら当然のように気温が30℃を超えてきました。

さて昨日(7/2)の温湿度を。

s-IMG_6107_DxO

室内も室外も、湿度が40%というのが面白くてアップしました。

絶対湿度で考えると

室内 9.71g

室外 15g

と、1.5倍以上の差があります。

夏場における人間の快適とは、

汗を感じるかどうか

に尽きます。

汗を感じない。というのには説明が要りますね。

 

人間は、1年365日汗をかいています。

専門用語では、不感蒸泄

人間の体表面からは、水分が蒸発する事によって、気化熱で体温を放出しているのです。

そうしないと、人間の身体はオーバーヒートします。

人間は水冷で動く動物なんですね。

もちろん「汗をかいたなぁ」と気づく時もあります

こちらは有感蒸泄と言って、人間にとっては、「特別な状態」。

どんな状況かと言えば、

①運動したり、精神的な緊張状態(手に汗握る)、病気で体温が高い

とか、

②「気温と湿度が高い」という外的環境によって起こります。

①は人間自身の問題なので、問題は②ですね。

ここでポイントなのは、

単に「温度が高い」から汗を感じるのではないことです。

人間の身体は勝手・・・いえいえ良く出来ていて、

環境によって「快適」な温度帯を変えるのです。

冬場の室温目標は、22℃って聞いたことがありませんか?

でも、夏場に室温を22℃にしたら、寒くて居られませんよね。

一方、夏場は27℃が冷房の目標。

その27℃を冬の室温にしたら・・・

人間の温度的なスイートスポットは、

冬   20~23℃

夏   26~28℃

春秋 23~26℃

と外気温によって、大きく変わるのです。

人間の外気温に対する適応能力、半端ないです。

 

前置きが長くてすいません。

その上で、梅雨まっただ中の話をします。

気温としては快適の範囲だとしても、

体感的には、べたべた

して不快ですよね。

温度的にスイートスポットのハズなのに有感蒸泄状態になるのは、

空気中の相対湿度が高くて、上手く汗をかけないからです。

 

さて、今までの流れで28.5℃の40%という環境はどうなのか?

と言うと、無感蒸泄をキープ出来ます。

ただし、アルコールを飲むと、ちょっと微妙な状況に。

先ほどあげた「特別な状態」でいけば、体温が上がって①に該当するのです。

まぁ勝手な条件付けなんですけどね。

カスタマイズ運転 その2

デシカのカスタマイズ運転ですが、

目的は騒音の低減と室温を守ることでした。

さて成果ですが

まず騒音の方は想定通り。

風量が減るのですから、ハッキリと体感できました。

一方、室温の方は、期待通り・・・とは行きませんでした。

6月初旬にもかかわらず、室温が27℃を超えたのです。

(昨年は、7月に入ってから)

そこで換気量を元に戻してみたところ、前回の写真のように回復、

つまり室温が快適になったのです。

 

この事から何が分かったかを検証します。

まずはデシカのおさらいを。

デシカは熱交換をしません。

この話をすると、外気温度のまま取り込むように聞こえますよね。

ですが、そうではありません。

外気を取り込む時に、除湿をする事で空気温度を下げます。

熱交換、つまり「室内の熱を新鮮空気に移動させる」仕掛けはありませんが、

エネルギーを使って除湿し、その副産物として空気の温度を下げるのです。

つまり、温度という観点からみると

夏期におけるデシカの給気は、外気温を少し冷やして入れる機械」

と定義できます。

これ、熱交換換気扇とは、全く違ったロジックなのです。

熱交換の場合、「室内の温度を守るよう」に動きます。

蛇足ですが、どちらが自然環境に近いかというと、デシカの方ですね。

 

さて、これを天候と絡めて考えてみます。

室温が27℃を超えたのは6/10。

うどん県は、とても暑かったです。

最低気温は21.3℃で、最高気温は29.2℃。

ですが1日の平均気温を計算すると約25℃なんですね。

先ほど結論づけたように、

夏期のデシカが「外気温を少し下げて給気する機械」だとすれば

何故、室温が上がってしまったのでしょうか。

原因は、換気量が少なかったからでしょう。

正確に言うと、

外気温(の平均)が快適な時期なのに、給気量を絞ったため、

室内で発生する熱(侵入してくる熱も含む)を抑えきれなかったのですね。

梅雨時期に関しては、

デシカは湿度だけではなく、温度にも有利側なんですね。

・・・と言うか、出力を絞るとダメって分かりました。

春先は何の問題も無かったのですけどね。

カスタマイズ運転 その1

梅雨、真っ盛りのうどん県です。

今日(6/15)8時の温度計から。

s-IMG_6051_DxO

室内 26℃  34%  絶対湿度7.1g

屋外 24.2℃ 75%  絶対湿度14.2g

という数値です。

精度はあまり期待できない温湿度計ですが、体感とはイコールです。

つまり、

24℃の屋外より、26℃の室内の方が涼しく感じてます。

この辺りは以前、「穏やかに放熱したい」でまとめましたが、

人の快不快は、湿度によって大きく左右されるのです。

高湿度の24℃より、低湿度の26℃の方が、上手く汗がかけるので、

結果、皮膚の表面で気化熱が奪われて「涼しい」のです。

 

さて一般的な24時間換気扇は、室内の温湿度にとっては、邪魔者です。

二酸化炭素やホルムアルデヒド等の有害物質を捨てる代償として、

温度や湿度は悪くならざるを得ない。

と言うジレンマを抱えています。

ではデシカではどうでしょうか。

実験で、デシカを60%運転にしてみました。

(注 室内リモコンから出来る運転モードではありません)

建築基準法的に言えば、2時間に1回の換気量を、4時間(弱)に1回にしたのです。

何故か、

2時間に1回室内空気を入れ換えないといけないというルールを信用していないから。

いえ正確には、オーバースペックだと考えているからです。

だって、中にいる人が1人でも、4人でも、10人でも同じ条件なんておかしいですよね。

正しいのは、CO2やホルムアルデヒド等のセンサーを設けて、必要最低量に換気回数を制限する事。

だけど、そこまでは出来ない(と国が判断した)から、大きく余裕を持った換気回数を設定しているはず。

 

そこで換気風量を下げてみようと考えたのです。

デシカの運転は、自然換気と調湿換気を室内環境に合わせて切り替える方式です。

単純化して説明すると、湿度に問題が無ければ普通換気で、問題があれば調湿換気。

なので風量を絞ったとしても、調湿換気の運転時間が伸びて、室内の湿度は保たれるのでは。

と想像しました。

60%運転で想定しているメリットは、

騒音の低減と室温を守る

ですね。何せデシカは熱交換しない換気扇なのですから。

さて、結果は・・・次回に続きます。

湿度が気になる季節

建設現場は、もう真夏ですね。

現在進行中の現場を回るだけで、ドッと疲れました。

職人さん、お疲れ様です。

うどん県は30℃を超えたみたいで、5月なのに気分はもう梅雨明けです。

さて、これは本日(5月21日)正午の温度計。

s-IMG_5980

たまたまですが、室内と室外の温度が一緒でした。

これを絶対湿度に換算すると、

室内 6.77g

室外 10.41g

となります。

ちょっと湿度低すぎ。という気もしますが、

まぁ、ラフな温湿度計なので絶対値は気にしないで下さい。

ただ言えることは、外部から室内に入ると、とても涼しく感じました。

気温が全く同じなのにです。

これは以前も書きましたが、不感蒸泄と言う、

人が知覚しない皮膚からの水分蒸発が、とてもスムーズに行われたからです。

気化熱で身体が冷やされているのですね。

ここから夏に向けて、室内の温度はジワジワと上昇していくのですが、

昨夏、除湿目的でエアコンのスイッチを入れたことはありませんでした。

さて、今年の夏はどうなるでしょうか。

レンジフードを考える その3

前回は、

気密が貧弱な建物は、強制同時給排の方が良い

という結論でした。

まずは高気密の定義から。

建築基準法には、気密の「気」も書かれていませんから、勝手解釈で行くと、

C値で0.6以下が目安かと思います。

 

さて、そんな高気密住宅で、同時給排タイプのレンジフードを使うとどうなるか?

当然ながら、室内は負圧になります。

どんな家でも気密の弱いところから漏気を始めるのですが、

高気密住宅と、そうでない住宅では

漏気箇所が違います。

高気密住宅の漏気箇所は、隠蔽部分ではなく、建具(窓や玄関扉)が主です。

何故かと言うと、隠蔽箇所からの漏気を感じるようでは、0.6という数値は達成出来ないのです。

一方、建具は可動しますので、どうしても気密的には不利。

調整によって、ある程度気密は確保出来ても限界があります。

なので

建具の隙間以外の隙間をゼロに近づけるのが、気密工事の目的なんですね。

高気密住宅の漏気は、トラブルに繋がらない漏気なのです。

・・・話が脱線しました。

さて、「その1」で、レンジフードの排気と給気の割合は、

10:5(メーカー談)と書きましましたが、

高気密住宅においては、これが

9:6や8:6という風に変化すると想像します。

過程としては、

①隙間が少なすぎるので、10の排気性能が担保出来なくなって効率が落ちる。

②室内の負圧が進むために、給気口の風量は増える。

と想像します。

「その1」で

「弱・中・強と風量を変えても、10:5の割合は変わらない」(メーカー談)

とも書きましたが、

これは漏気がしっかりある、つまり気密が貧弱な場合でしょう。

漏気が少ない、つまり高気密の場合は、

繰り返しとなりますが、

効率が落ちて、室内の負圧が進むため、給気量は確実に増えます。

なので、10:5というバランスは崩れるはずなのです。

 

で結局どうなんだ。・・・意見をまとめないといけないですよね。

では一言で。

性能的には、同時給排より強制同時給排の方が有利。

中運転→強運転と排気量を増やすほど、差は顕著に表れると思います。

その差は、どこかの窓を開けることで解決出来るレベルですけどね。

次に「必要か」と問われるとどうでしょうか?

金額的にあまり変わらなければ、導入して損はないと思います。

ファンが一個追加されるだけですから。

ですがメジャーな機能ではありませんので、対応機種は限られます。

富士工業で該当商品を検索したところ、

排気のみ 121機種  同時給排 22機種  強制同時給排 7機種

という機種数でした。人気度合いが分かりますね。

あっ富士工業ですが、レンジフードの製造では、国内トップシェア。

OEM(相手先ブランド名供給)が基本なので、業界の人しか知らないでしょう。

またまた話が逸れましたね。

 

CACICOの話をすると、同時給排&弱運転で生活していますが、特段困っていません。

コンロの上で煙や油煙がイッパイという料理をしない為かもしれませんが、

この辺りは生活スタイルですので、人それぞれだと思います。

最後にデシカ絡みの話をしておきます。

(デシカ日記のカテゴリーでもあるからです)

以前にも書いたことがありますが、デシカにはフレッシュアップ運転という仕掛けがあります。

(専用の配線が必要)

これは他の換気扇と連動させて、給気量だけを5%ほど増やします。

これを上手く使えば、同時給排でも強制同時給排のように使えると思われます。

デシカ、なかなかやるじゃないか。

というのが今回のオチでした。

レンジフードを考える その2

前回は、同時給排のレンジフードを動かす行為は

その半分の能力を持つ局所換気を動かすことと同じなのでは?

という問題提議をしました。

で、実はメーカー自身、解決策を持っているのですね。

それは、強制同時給排という方式。

「機械排気+機械給気」という組み合わせで、言ってみれば1種換気です。

まとめます。

一般的な同時給排レンジフード → 3種換気

強制同時給排レンジフード → 1種換気

一般の同時給排が10:5だとすれば、強制同時給排の場合10:8まで回復するそうです。

こちらのシステムは、高層マンションが主要ターゲット。

高層マンションは、気軽に窓を開けて給気することが出来ない

  &

高層階の自然換気は厳しい。(風がかなり強いでしょうね)

 

マンションに付いているレンジフードも、戸建て以上に、排気のみが主流ですが、

高層マンションでは、同時給排を飛び越えて、強制同時給排が選択されたようです。

さて戸建て住宅に話を戻します。

一般論として気密性能が貧弱な住宅は、3種換気に向きません。

自然給気を生かすためには、室内を負圧にする必要があるのですが、

その結果として、色んなところで漏気が発生するからです。

逆に1種換気は、機械(ファン)の力で空気を動かすため、

建物の気密性能に、3種換気ほどは影響を受けないのです。

で、ようやく本題のレンジフードです。

前述したように、同時給排タイプは仕組みが3種換気。

つまり、レンジフードを稼働させると、給気口だけではなく、

建物の気密欠損部分から外気が流れ込んできます。

木造住宅の主流である床断熱は、床面の気密処理が非常に面倒。

それが原因で、

レンジフードを稼働させると、足元が冷える。

というクレームが多いそうです。

 

なので、高層マンションと違う理由ですが、

気密性能が貧弱な住宅においては、強制同時給排が向いていると思われます。

では、きっちり気密工事が出来ている建物はどうなのでしょうか。

それは・・・次回に続きます。

レンジフードを考える その1

キッチンについているレンジフードの話です。

自身でも感じていたのですが、同時給排。実は完成されたシステムではありません。

今まで24時間換気における、集中換気と局所(3種)換気併用の問題点は、度々に挙げてきたのですが、

キッチンのレンジフードも、それに近い問題があるのです。

まず一般論から

レンジフードには、排気のみと同時給排という2種類があります。

当然ながら、トイレや浴室と同様、「排気のみ」が主流なのですが、

この「排気のみ」タイプは、

給気を用意せずに排気をする。

機械なので、高気密(?)住宅には適しません。

なので今回「排気のみ」の検証は行いません。

 

さてレンジフードの同時給排は、3種換気と同じシステムです。

仕組みは「機械排気+自然給気」。

これを具体的に説明すると

①機械排気が動く

②室内が負圧になる

③自然給気口から空気が入ってくる

という過程を辿ります。

つまり

室内が負圧になるのが大前提なんですね。

メーカーの試算によると

排気を10とすれば、給気は5程度らしいです。

排気量の半分は、室内の負圧を作り出すのです。

この割合は、風量を上げでも下げてもあまり変わらないそうです。

(弱運転でも、強運転でも、割合は変わらないそうです)

弱運転だとしても、レンジフードの風量はかなり多いです。

24時間換気の例として、ロイヤル電気の仕様書を見てみますと、

風量は105~214 m3/hと書かれています。

換気設計をする時は、フルパワーはあまり想定しないので、

稼働時は150 m3/h程度でしょうか。

一方CACICOが使っているレンジフードをみると

弱  230 中  300  強  420 と表記されていました。

なので、レンジフード風量の大きさが分かります。

さて、先ほどの10:5の割合からすると

同時給排レンジフードとは、

弱  115  中  150  強  210

の局所換気を付けているのと同じ。

「感じ」で申し訳ないのですが、浴室換気扇ぐらいの風量かも知れません。

 

さて今までの(へ)理屈をまとめます。

同時給排レンジフードを動かす事は

窓を開けずに浴室換気扇を回す事と同じなの?

はたして、その考え方が良いのかどうかを、次回検証していきます。

季節の変わり目

久々の温湿度計が登場です。

s-IMG_5813_DxO

室内は、23.5℃ですが、室外(玄関先)は25.7℃になっています。

因みに夜間に雨が降ったので、外気の湿度が高いです。

絶対湿度では、10gを超えています。

これ、窓を開けて外部の湿度が入って来たら、室内の相対湿度が57%になります。

(温度は変わらず、湿度だけが変わった場合)

つまり、自然換気をすると不快になるという意味。

 

さて体感的には今年初めて、室内外の温度が逆転しました。

日中に外から室内に入ると、涼しく感じる季節が始まったのです。

花冷え的な揺り戻しはあるのでしょうが、うどん県の日中は、これから「夏」です。

「春」と言いたいところですけどね。

ダイキンの誠意?

高気密住宅に集中換気と局所換気の併用って、どういう事!!

と、全く理解できないCACICOですが、ダイキンは一つの回答を持っていました。

それが、フレッシュアップ運転

1種換気と言うのは、給気量と排気量を固定しているのが普通。

家の中が、正圧とか負圧に陥らないためには当然です。

でも、局所換気は排気しかしないのだから、自然と室内は負圧になる。

と言うのが大問題なんですね。

その負圧状態を解消するためにダイキンが考えたのが、

「排気している分だけ、給気量を増やせば良いんでしょ」

と言う事。

局所換気が稼働している間だけ、給気過多にするのです。

具体的には、

局所換気から「今動いてますよ」という信号を受けたら、給気量を増やすようです。

ナルホドこれなら、局所換気は正しく動作すると思われます。

局所換気のモードによっては風量が異なるのでは?

とか

どんな機種でも対応できるの?

とか

思わないではないですが、

メーカーが設定しているのだから、問題なく動くのでしょう。

このフレッシュアップ運転、元々はダイキンの業務用器機で使われているようで、

家庭用器機としては、デシカホームエアにしか設定されていないようです。

(因みに、配線が必要なので、後からの追加は困難です)

確かにこれさえ有れば、集中換気と局所換気の併用は(理論的に)可能です。

メーカーとしては非常に誠意ある対応だと思います。

惜しむらくは、

局所換気との併用時には自動的にフレッシュアップ運転が付いてくる。

というレベルでは全くなく、絵に描いた餅状態のようですけどね。

(メーカーの方、CACICOの認識が違うようであればご指摘下さい)

ですがCACICO的には、

デシカこそ、ダーティーゾーンを換気経路に取り入れて欲しいのです。

ダーティーゾーンの湿気をコントロールしたい。

と言うのが生活者としての切なる要望であり、

デシカでしか出来ない事なのです。

ホーム > デシカ日記

検索
Feeds
Meta
1 / 1112345678910...最後 »

ページの上部に戻る