CACICOブログ HOME > アーカイブ > 2017年1月のアーカイブ

2017年1月のアーカイブ

家族の共通項

「これ欲しいな」と、家族の意見が一致しました。

CACICO宅は、最近TUTAYAに漫画を借りに行くことが多いです。

(10冊以上借りたら、一週間レンタルで一冊60円だから)

まとめ借りして、ばーっと読み飛ばすのですが、

時々「これ購入したいな」という作品が出て来ます。

読んで面白かった。だけでは不十分。

「繰り返し読みたい」とか「手元に置いときたい」という評価なので、結構シビア。

しかも世代差・性別差があるので、みんなが「繰り返し読みたい」という作品には、なかなか出会えません。

で、久々の一冊がこちら。

s-IMG_6963_DxO

異世界居酒屋 ノブ

異世界と繋がっている居酒屋に訪れる、異星人目線のグルメ漫画。

ラノベ(ライトノベル)のコミック化作品でした。

中身をメジャー所で例えれば、テルマエ・ロマエの食べ物版って感じ。

タイミング良く、無農薬の立派な大根を頂いたので、漫画飯を作ってみました。

と言っても、普通の「おでん」です。 (・・・ふろふき大根?)

s-IMG_6955_DxO

これが1日目。うどん県民としては邪道ですが、醤油味にしていません。

うどん県のうどん屋は、一年中「おでん」を販売しているお店が多いですが、

どこもしっかりとした醤油色の出汁に浸かっています。

注) うどん県では、うどんの「つゆ」を出汁と呼びますので、CACICOもごちゃ混ぜ表記です。

昔、お祭りの屋台では「関東炊」という名称で、おでんが串刺しで売られていましたが、醤油味でした。

「なんで、関東炊き?」などと思っていたのですが、出汁だけで炊いて味噌で食べる関西風おでんを知ったのは、大人になってからです。

でもって2日目

s-IMG_6959_DxO

醤油を足した訳ではないのですが、しっかりと色が付いてきています。

もう漫画とは何の関係も無いですが、

漫画に出てきたメニューだよとおでんを出したら、娘は大根だけをばくばく食ってました。

革新的ものづくりに挑戦

先週の火曜日は(1月17日)、中小企業庁が募集している補助金の締切日でした。

タイトルは、「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」

簡単に言うと、「何か新しい事して売上伸ばしたい」と考えている中小企業に対して、

「ええ話やったらお金の援助しまっせ。」というお話です。

お金のネタは、何故か関西弁がピッタリきます。

CACICOは、住宅外壁が仕事なのですが、施工上の問題点を解消するために、

特殊形状の樹脂部材が以前から欲しかったのです。

でも市販品にそのようなモノはなく、自分で作ろうと。

結論は、「とってもお金がかかる」ということでした。

樹脂の加工方法は、柔らかくした材料を「型」に流し込んだり、思いっきり圧力(プレス)をかけます。

なので「金型」という、金属製の型枠が必要。だけどこの金型製作費用が取ってもお高い。

そんなこんなで、金型開発の資金を補助金で・・・と思い立ったのです。

補助金の説明会があったのは、昨年の11月21日。

なので、それ以降「補助金獲得」の為のプレゼン文章を考えていました。

まぁ、日々考えていた、と言うのは嘘ですが、CACICOの脳はシングルタスクなので、

「文章を作る能力」は、ほぼ集中してましたね。

さて国の補助金制度ですから公の相談窓口もあり、いくつか訪問してみました。

補助金の申請なんて行った事がないからです。

尋ねて行くと、開口一番

「合否は有識者が判断するんだけど、多種多様な内容を少数メンバーが判断するので、

専門的な話は理解できないと考えてね」

と言われました。

そりゃそうですよね。ジャンルは無限大ですから、ニッチな話をして解ってもらえるはず有りません。

で、担当者さんはCACICOの書いたタイトルでいきなりの突っ込み、

「接着式外断熱外壁・・・って何? 建築業界じゃ普通に使う言葉なの?」

「いやぁ、・・・建築業界でも通用しないです」

「だったら、なおさらダメだねぇ。うん、この単語は目が滑るよ。もっと簡単で分かりやすい表現にしないと」

こんな感じで、プレゼン資料との格闘が始まったのです。

初めての補助金チャレンジ。その結果は・・・

3月ぐらいに結果が出るみたいですが、まぁ期待しないで待ってます。

栗林公園にて

お正月は毎年、栗林公園に行きます。

で、素敵な光景を見かけました。

s-IMG_6920_DxO

軒の出をしっかり感じられる日射です。

こちらは掬月(きくげつ)邸。栗林公園といって、一番大きい数寄屋造りの建築物。

外から見ると、こんな感じ。

s-825

ここでお抹茶を頂いて、ボーッとする事が多いですね。

特に今年の正月は暖かかったので、縁側にいても快適でした。

これから冷え込むこともあるかも知れませんが、暖冬ですね。

2016年、高松の年平均気温は17.5℃で、過去最高であった1988年とタイだそうです。

うどん県は冬よりは夏を旨とすべし。だなぁ、と改めて思いましたね。

あっ、高性能住宅だけの話ですよ。

ホーム > アーカイブ > 2017年1月のアーカイブ

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る