CACICOブログ HOME >

CACICOブログ

通気層が無いという事

「湿式外断熱」は、まだまだ歴史が短いため、技術革新が出来るジャンルです。

塗り壁という仕上げは大変魅力的なのですが、そこに達するまでに多くの手間がかかるのも事実です。

その手間(=費用)を、減らすことが、CACICOの課題でもあります。

 

さて現場ではその課題に対する新しい試みを行っていますが、まずは前振りから。

湿式外断熱の肝は、防水にあります。

日本では未だ湿式外断熱において、透湿防水シート工法が主流です。

ですがCACICO仕様ではNG。

なぜなら外断熱工法は、一般の住宅と違って「通気層」を持たないからです。

 

通気層の有無で、漏水の危険度は、大きく変わります。

具体的には、

一般の住宅 12~15ミリの通気層

湿式外断熱 1~2ミリ程度の隙間

という差のお話です。

1センチ以上の隙間があれば、水は重力に従って落ちてくれますが、

1~2ミリ程度の隙間ではそうはいきません。

毛細管現象と言うのですが、重力関係なく、隙間に拡散していくのです。

この重力に関係なく、という所がミソです。

 

身近な例を出します。

「床にこぼれた水をタオルで拭く」

これ、よく考えたら説明出来ない事が起きています。

なぜなら、水が重力に逆らって、タオルに染み込んでいくのですから。

これは、先ほどの毛細管現象で説明出来ます。

タオルの繊維の隙間を「毛細管現象」によって、重力に関係なく、水が拡散していくのです。

 

さて、建物の話に戻ります。

壁と構造体に「しっかりとした」隙間を取らない湿式外断熱。

隙間取ったら、断熱材の意味が無いですからね。

そのために防水層の上に開く「穴」は、充填断熱とは比べものにならない程の注意が必要なのです。

防水層の上にどんな穴が開くのでしょうか?

まずは、透湿防水シートを固定するタッカーの穴です。

これは、以前もアップしましたが、本場アメリカでは対策が講じられています。

それと、外壁を固定するための釘やビスです。

この2つは「通気工法」であれば、許される「穴」です。

ですが、湿式外断熱ではその限りではない。というのがCACICOの立ち位置です。

そこでCACICOは塗り防水&接着工法な訳です。

次回は、通気工法の問題点も探ってみます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

断熱材切断機

アメリカでは簡単に手に入れる事が可能ですが、日本では難しい。

その一つに、断熱材の切断機があります。

もちろん輸入品として購入する事は可能ですが、なかなかに素敵な値札が付いています。

個人的な「日本製を使いたい」という希望もあったので、ず~っと探していました。

自作も考えたのですが、やはり難しく・・・

そんな日本製「断熱材切断機」に、この12月、ようやく出会えました。

電話で問い合わせをすると

「じゃあ、見本品を送るので使ってみて」

と言われて、現品が宅急便でやって来ました。

さすが、日本の会社です。

早速使ってみました。

足下に見えるのがフットスイッチです。

これで電源のON OFFが出来ます。

普段使っている5センチの断熱材を2枚合わせてみたのですが、サクッと切れました。

「熱線偉いです」

そうです。この機械は「刃」ではなく、「熱線」で断熱材を溶かして切断するのです。

なので、「切断くず」も一切出ない優れものです。

断熱材は、5センチぐらいまでなら「丸ノコ」で簡単に切れます。

(カッターもOKですが、結構手間です)

ですが10センチになると、もうダメです。

片面からだけでは切断しきれないので、上下から切断する羽目に。

当然、施工効率が悪くなり、「施工精度」も落ちていきます。

ですが、これがあれば無問題です。

来年の現場から、早速導入したいですね。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ドラム式か縦型か

先日、洗濯の話を出したので、洗濯機ネタをエントリーします。

ドラム式と縦型(今までのもの)と、どちらが高性能か知ってますか?

洗濯機に求められる性能はいろいろとありますが、まずは洗浄力です。

これに関しては、縦型の方が優秀です。

もちろん、商品によって差違はあるでしょうが、例えばこんな記事があります。

日立製、最新型ドラム式洗濯乾燥機のニュースリリース(2013.9.26)からの抜粋です。

トップに出てくるのがこの文章。

新発想の洗浄方法「ナイアガラ洗浄」で、ごわつきや黒ずみを抑える

でもって、「消費動向と開発の背景」の下りでは

 ドラム式洗濯機は、衣類を持ち上げて落とす「たたき洗い」のため、洗う時間が長くなると、タオルなどの場合にはパイルが寝て、ごわつくことがあります。また、少ない水で洗うため洗剤液の汚れ濃度が上がり、洗濯物によっては黒ずみが目立つことがあります。

下線は私が付け足しました。

意訳しますね。

節水効果は高いけど、汚れは落ちづらいのがドラム式なんだ。だけど本商品はそこを改良したよ。

という感じですかね。

では、ドラム式のメリットは何か?という話ですが、私が思うに乾燥能力だと思います。

これに関しては、ドラム式が一日の長があります。何せ、乾燥専用機はドラム式しかない訳ですから。

なので、乾燥機能をよく使う人はドラム式を。使わない人は縦型を選択するのが正しい訳です。

余談ですが、我が家の縦型洗濯機は、いつも蓋が開いています。

理由は、使用後の湿気を飛ばすため。

同じ状況はドラム式でも発生しますが、ドラム式の蓋が開けっ放しだと邪魔ですよね。

要らない心配ですが、ちょっと気になります。

扉の開き方向は選べないので、購入時は配置と相談して下さいね。

お気楽な家を考える 洗濯編

お気楽な家の第2弾。洗濯編です。

今回は、ちょっと特殊な仕様の話です。

以前、ご紹介したことがある「デシカホームエア」が前提。

デシカは、リンクにもあるとおり「室内の湿度」を一定にしてくれる設備です。

で想像ではあるのですが、CACICOの考える快適な家に、デシカをプラスすると

一年中、快適な室内干しが出来るのです。

一般的に室内干しというのは、外に干せない時の代用品で、仕方なくという場合がほとんど。

何故か?

高温多湿の梅雨時期~秋にかけては、室内では乾きづらいからです。

なので、

「お日様に当てないと、干した気がしない」

と思ってしまうのですが、実はずいぶん思考が省略されています。

 

「室内はダメで、室外でも状況が悪いと乾きが悪い」

しかし

「日にあてるとよく乾く」

との経験から、

「洗濯物は、お日様にあてるもの」

という流れだと思うのですね。

しかし

「室内でも洗濯物が十分乾く」

環境があったらどうでしょうか。

 

住宅のプラン造りに携わっていた時、洗濯物の干し場所は、いつも悩みの種でした。

「日を当てたいけど、雨が当たらない方が良い。」

「でも室内から丸見えは嫌だし、外からの景観も気にしたい」

「洗濯機と収納場所の動線も考えたい」

なかなか大変な条件です。

ですが、その条件を大きく緩和できるのが、室内干しでばっちり乾く家なのです。

では、どこに洗濯物を干すのか?

室内で日が当たる場所を造るのではありません。

そんな事をしたら、暑くて大変です。

洗濯物の乾燥は、日射ではなく、室内空気の乾燥で行うのです。

で、提案としては脱衣所と、ウォークインクローゼットの中に二つに分けて干します。

「クローゼットがカビるのでは」

と心配されるかも知れませんが、一年中50%前後で湿度コントロールできるデシカの本領発揮です。

最新のドラム式の乾燥機付き洗濯機に投資するより、住宅の換気装置に投資した方が、

ずっとお気楽な生活が送れるのではと想像します。

昨日の続きではないですが、窓を開けないので、埃の侵入も防げます。

もっとも、一番お気楽なのは、住む人の体調です。

一年中、温度と湿度が安定している空間なのですから、これ以上の贅沢はないですよね。

お気楽な家を考える 掃除編

「お気楽な家」というものを考えてみました。

まずは、お気楽の定義から決めましょう。

CACICOの考える「お気楽」とは、

「日々のメンテナンス」に時間をかけなくてもよい家です。

建物のメンテナンスではありません。家事の事です。

日々の生活でアウトソーシング出来ないのは、「掃除と洗濯」です。

食事は、すべて「外食・出来合い」という荒技もありますが、「掃除と洗濯」はそういう訳にはいきません。

お手伝いさんを雇う。というのは無しにしてくださいねm(_ _)m

つまり、お気楽な家は、「建物側」で掃除と洗濯を楽にしてくれる。というお話です。

 

今日は、掃除をお気楽にする方法から。

マンション暮らしの我が家の日課は、朝のクイックルワイパーです。

毎日、毎日クイックルワイパーを使っても、いつもいつもゴミが採れます。

2,3日置いておこうものなら、「きゃ~」というぐらいの量になります。

掃除ロボットの「ルンバ」を買う。というのもあるでしょうが、それでは「建物」と直接関係ありません。

「どこからゴミがくるねん」と考えたのですが、

春~秋に多く、冬は少ない気がしています。

季節の良い時期や夏場は、窓を開けたい。と言うのは、当たり前の事。

ですが、窓を開けて外気を入れると、当然ながら「ゴミや埃」も一緒に入ってきます。

「つまり、窓開けなければ良いんでしょ」

と言うのが、ゴミ対策の結論です。

事実、CACISU中央公園では、基本窓を開けない生活なので、「汚れの量」は少ないです。

高断熱、高気密、ダクト式全熱換気

この項目を真面目にクリアすれば、窓を開放する必要が激減します。

もちろん

「開けたいのであれば開ければ良いのですよ」

あくまでも

「開けなくても快適」

という話です。

ついでに、結露しない窓(樹脂サッシ)を追加すれば、

結露水に起因する「掃除」も無くなりますので、より一層お気楽な環境が手に入ります。

「換気や温度コントロールで窓を開ける=掃除が増える」

この方程式は、悲しい事に全ての住宅が逃れられません。

「人が住まない家は、傷みが早い」も同じ理屈で、建物自体も適度な換気が必要です。

ですが、窓を開けなくても「有効な換気」を家がしてくれるのなら・・・

「お気楽」と言うよりは、「ずぼら」に近いのかも知れませんね。

12/14.15に見学会が開催されます

年末にかけてCACICOでは、3件外壁のお仕事を頂きました。

その、もっとも早く完成した「お家」の見学会情報をお伝えします。

日程は、12/14.15です。

主催は、エヌケー建設さん。

エヌケー建設と言えば、街中で看板を見かける方も多いと思います。

会社が出来たのが昭和45年なので、設立してから45年という歴史があります。

ホームページはこちら

なかなか重厚なホームページですね。

学校や消防署などの公共事業に代表される大型物件のイメージが強いかも知れませんが、住宅も数多く建設しています。

さて今回のお家は、エヌケー建設さんとしてはCACICO外壁の第一棟目です。

お付き合いのある設計士さんのご紹介で、お仕事を頂くこととなりました。

今回の建物は、CACICO外壁以外でも

基礎の外断熱

ダクト式全熱換気システム

高性能樹脂サッシ

気密検査

等の、快適に欠かせない項目を網羅した快適仕様です。

内覧会の場所も、「高松市伏石町」とアクセスしやすい場所ですから、是非見学に来て下さい。

地図などの詳しい情報は、下記PDFでご確認下さい。

エヌケー建設内覧会

湿気による害のない家造り

京都での研修、その1は、上記のタイトルでした。

湿気による害、で思い浮かべるのは結露ですが、その根本の話。

ドイツは断熱先進国です。

で、他国より先に行う。ということは、実は失敗も数多く経験していると言うことです。

日本と較べて、地震や台風等の自然災害が圧倒的に少ないドイツでも「建物の損傷」は起こります。

統計的には、年間40億ユーロ(約5千億円)に及び、その多くが「湿気による害」に起因しているそうです。

快適な建物を作ろうとして、家の寿命を縮めてしまった。という訳。

ものすごく大雑把には、

住宅の省エネ性を求めた

→断熱材が厚くなり、気密が良くなった。

そのため、室内の湿気が室外に出づらくなり、構造体に湿気が滞留する。

という流れですが、面白いのは、そこに「熱」が関係してくることです。

高断熱の家は、構造の外側(外壁)の温度が上がらないため、室内の湿気がより一層出づらくなる。

というのは、初めて知りました。

熱と湿気には相互作用があるため、一緒に考えないといけない訳です。

でも、考えれば考える程、建物と人間はよく似ています。

例えば、冬の防寒着に何を求めるか?

寒いから、暖かくしたいですよね。(断熱)

なので、「綿入れ」の服がうれしい。

暖かくするには、防風性も大切ですし、雨のことを考えれば防水も必要。(気密)

だったら、ビニール的な仕上げが一番です。

例えば、「綿入れのウインドゥブレーカー」です。

でも、どんな寒い時でも、動いたら汗をかきます。

ビニール生地だと、その汗が蒸散できなくて、服の下で汗が結露をおこします。

雨の日に活動すると、雨では濡れなくても汗で濡れてしまう。という経験が皆さんあると思いますが、どうですか?

特に「登山家」は生死に直結する危険すらあります。
 
なので、「雨は弾くけど、湿気は逃がす」生地が必要となります。(透湿)
 
メジャーな所では、GORE-TEXですね。
 
これは、そのまま建物にも当てはまります。
 
人はGORE-TEXで、建物は「透湿防水シート」という違いがあるだけで、目的は同じです。
 
人も建物も、「暖かくして、雨を防いで、湿気を逃がす」必要があるのです。

秋の京都

東福寺に向かおうとしてJR奈良線の東福寺駅に降りたのですが、月曜日だと言うのに、駅のホームにガードマン。

もう混雑の度合いが分かろうというもの。

実際、紅葉は見頃だったので、紅葉のある所は人だかり。でも、それ以外の所は、比較的余裕がありました。

で、一番見たかったのが、東福寺の庭を作った、重森三玲の作品。

三玲の庭はホント好みですが、それ以外も、至る所に神社仏閣があって、そこには庭が・・・

京都はすごいです。

建物湿気性能の予測と計画

上記タイトルの講義が、京都で行われます。

CACICOとしても、室内の快適は「湿度コントロール」にあると思っていますので、この講義は聞くしかないです。

と、いうことで京都に出張。

講義は19日なのですが、18日に「外断熱・建築物理の京の夕べ」というプレイベントがあります。

19日に講義をされる、独フラウンホーファー建築物理研究所・研究員の田中絵梨さんを囲んでお食事。

なかなかに素敵な企画!!

で、せっかく京都に行くのだから、いろんな所を見て回りたい。

京都で観光。って言ったら、実は修学旅行以来です。

間違いました、観光ではありません視察です(笑)

で、京都の地図を眺めると、ホント、神社仏閣だらけです。

以前から、東福寺の庭には行ってみたかったので、ここを中心に「庭」巡りを計画。

タイトルとは、何の関係もないですね。

ちょっとだけ建築に絡めてみます。

建築の仕事に携わってきたので、建物の知識は、ある程度持っていますが、

庭は、はっきり言って良く分かりません。

だけど、人の「快適」には、視覚的要素も含まれるのは事実です。

庭、つまり窓からの景色は精神衛生上、てとも必要だと思っています。

「ピクチャーウインドゥ」からの日射取得をコントロールできれば。という条件付きですが。

  ピクチャーウィンドゥは景色を見る窓の事。

  FIXの別名称だったりしますが、この文章では、庭に面している窓という意味で使っています。

これは、夏が暑い地域で快適な家を作ろうとする場合に、避けて通れません。

具体的には、夏期における、建物内の「オーバーヒート」が課題となります。

ピクチャーウィンドゥが、北や南であれば、比較的問題がありません。

北の窓は、直射日光が入ることが無いので、ピクチャーウィンドゥに最適とも言えます。

ただし窓の性能が低いと冬場に寒いので、大きく取りたい場合は高性能化が欠かせません。

南の窓は、窓の性能より庇の有無が問われます。

高性能な窓、つまり「アルゴンガス入りのLow-Eガラスが・・・」等という呪文をいくら唱えても、直射日光には適いません。

ですので、冬は日が差して夏は遮る、サイズの庇が欠かせません。

問題なのは、東と西です。

低い角度から、日差しが差し込んで来るので、庇での遮光がほぼ不可能です。

ですので、原則論としては、窓は必要最低限。が正解なのですが、

西はともかく、東は大丈夫。という思い込みがまだまだ健在です。

このあたりはプランの問題ですので、建築の側ではなく、設計士さんの範疇です。

温熱環境を考慮したプランの提案できる可能設計士さんが増えて欲しいものです。

今、新神戸を過ぎましたが、なかなか閑散としていました。駅のホームだけなら、岡山の方が都会です。

やはり、列車は街中に乗り付けないとダメですね。

さて、今からは観光、いえいえ視察モードで進みたいと思います。

やはり、タイトルとは関係ない文章でしたねm(_ _)m

愛媛に出張中

ただいま、愛媛に出張中です。

と言っても、私ではありません。

熱線カッターです。

買ってから、現場には何度か行ったのですが、出番がなく・・・

理由は、使いたい時に、一回一回電源を入れて、暖まるのを待つ必要があるからです。

「そんな時間があったら、丸ノコ使う」

と言って、誰も使ってくれないのです。

でも、ようやっと出番が来ました。

それは、「分厚い断熱材」を使う時です。

大きいサイズもあるようですが、丸ノコは、だいたい7センチ程度までの材料をカットするための道具。

それ以上厚みがある場合は、両面から切るしかありませんが、これが面倒。

で、ようやく熱線カッターの出番となりました。

現在、松山で進行中の住宅は、外壁に10センチの断熱材を貼ります。

もちろん、壁の中にしっかりと断熱材を充填した上での話です。

柱間にセルロースファイバーを10.5センチ吹き込んだ上で、

外部には10センチの断熱材を貼る。

合計20センチの断熱材に囲まれた「家」と言う訳です。

来年には、CACICOでも外断熱に10センチの案件があるのですが、「準備が早すぎた」みたい。

なので、愛媛で経験を積んでいる最中と言う訳。

ホーム

検索
Feeds
Meta
36 / 86« 先頭...1020...32333435363738394041...506070...最後 »

ページの上部に戻る