CACICOブログ HOME >

CACICOブログ

底冷え

ここの所、寒い日が続きます。

家の中でも外でも、なかなかに寒い毎日ですが、RCの改修現場は、見た目にも寒々としています。

で、「コンクリートの底力」の続きです。

逆の意味で恐縮ですが、日々底力を体感しています。

それは、コンクリートの蓄熱能力から来る底冷えです。

蓄熱能力と言うのは、ちょっと変な表現でした。

本来は蓄熱の量と書くべきでした。

何故、こんな事を言うかというと、蓄熱能力と書いた場合、熱を蓄え続ける能力がある。

と勘違いしがちだからです。

コンクリートは、

熱をいっぱい蓄える事が出来るけども、蓄え続けるのは不得意なのです。

つまり、

寒い時期はより寒く。暑い時期はより暑い空間を作ってしまう事があるのです。

寒い冬の夜。

人が生活していない建物の内部は、外気温とあまり変わらない室温になります。

それは、木造でもRCでも同じ事です。

問題は、木造とRCでは蓄熱できる熱の量が一桁ほど違うことです。

日中、太陽が照り出せば、外気温度も上昇します。

ですが、日が当たらないRCの建物内はどうでしょうか。

RCは夜の間に、木造の10倍もの「冷たい熱」を手に入れています。

で、なおかつ、RCは熱を蓄え続けるのは不得意。

つまり、温度差があれば、どんどんと放熱してしまうのです。

冷たい熱を放熱する。と言うのは分かりにくいかも知れません。

ちょっと説明の仕方を変えます。

冬場、窓際に立っていると寒いですよね。

これは、窓際の空気温度が低いと言うよりは、窓自体が冷たいので、放射冷却で体温を奪っているのです。

RCの話に戻ります。

冬、人の住まないRC造とは、

大量に冷たい熱を蓄えた、いわば保冷剤で作った箱。なのです。

外気温が上がろうが、箱の中は、しっかりと冷やされ続けてしまうのです。

木造の10倍も貯めた「冷たい熱」が無くなるまで・・・

ちょっと怖い話です。

次回は、この性能を、味方に付ける話をします。

ベースコンクリート終了

エレベータの下地工事が一段落しました。

ピットのベースが完成です。

次は、鉄工所さんの出番。

エレベーターは躯体に加重をかけるのでは無く、

このベースの四隅に建てられる鉄骨の柱で支える事になります。

東芝エレベーターの出番には、まだ時間がかかります。

さて、解体工事も、RCの斫り工事は何とか終了。

きれいさっぱり、何も無い状態になりました。

土曜日までの埃と大音響の現場作業が、ようやく一段落。

ちなみに、このような改修工事には一次工事と二次工事

という呼称があります。

一次工事は構造体に関わるところで、二次工事は仕上げ。

という割り振りがあるのです。

建物の公共部分の工事と内装工事という分け方の方が分かりやすいかも、

エレベーター付けたり、壁を斫ったり、窓や外壁・・・と言うのは、持ち主しか工事が出来ません。

それが一次工事。

その後の内部の造作。つまり入居者が自由にして良い部分ですね、これが二次工事です。

いまCACICOが行っているのは、見たとおりに一次工事。

当然両方の工事を一社でする事もあるのですが、

今回は、二次工事は入居する方が別途手配をしています。

二社が工事をするという事は、その連携作業も重要になるのですが、それはまた日を改めます。

コンクリートの底力

現在進めているRCの改修工事ですが、何か分かりやすいキャッチフレーズを付けたいなぁと考えています。

で、思いついているのが表題。

鉄筋コンクリートという建築物は、結構誤解されています。

香川県的に言うと、RCは建築の仕上げ材です。

打ちっ放しという形状の有名な建築物が、そこかしこにあったりします。

県庁もその一つで、有用性より「有名度」で保存されています。

私見ですがRCのポテンシャルは見た目ではなく、

その強度および蓄熱能力です。

今回の断熱改修においては、間取りの関係で部分的な解体工事をしています。

ですが、もう大事です。

写真はRCの壁を掘削機で取り壊しているところ。

一度作ってしまったRCは、解体という意味では、大変な厄介者。

でも、壊しづらいという事は「丈夫」とも言い換えられます。

その丈夫さと「蓄熱能力」を最大限に活かす方法。

それがCACICOの外断熱です。

詳しくは、日を改めます。

ピットの下地

先日の斫り作業の結果です。

思いっきり深い穴が開きました。

1階の床から1m25cmの深さのピットが必要なので、

それより深めに掘ってから、コンクリートを打ち込みます。

一方、上階では・・・

スラブの開口が、着々と進行しています。

これで鉄筋をカットしていく訳です。

後からエレベーターを入れるのって、とっても大変です。

ホントは断熱サッシとか断熱改修の話をしたいのですが、なかなかたどり着きません。

レンジを考える

住宅設備は定期的にウォッチしています。

キッチンの天板は、ホント人工大理石が主流になってきました。

今やステンレスが「売り」のメーカーは、トーヨーキッチンとクリナップぐらいだと思います。

リクシルやTOTOのショールームに行っても、ステンレス天板は、端の方にポツンという感じ。

さて、キッチンを選ぶ時、レンジの選択は悩ましいモノです。

というか、これもIHが主流ですが、ガスという選択肢も捨てたモノではありません。

写真はリンナイの最新機種です。

見た目IHとほとんど変わらないです。

IHを選ぶポイントとして、清掃性を上げる人が多いと思いますが、

ガスレンジも最新機種になれば、「ごとくとバーナー」以外はIHと同等です。

では、最近気づいたガスの有利な点を。

それは、グリルというか「魚焼き器」です。

どうせ使わないから、海外製のグリルレスがかっこいい。

というぐらいにしか思っていなかったのですが、これが結構多機能。

メインに押しているのは、ダッチオーブンです。

鉄製の鍋に材料突っ込んで、そのままガス火でこんがり。

先ほどの清掃性という意味では、ほぼ完璧です。

蓋があるので、油や汁が庫内に飛び散りません。

同じ事はIHでも出来そうですが、IHの場合はいくつか制約があります。

最近のグリルは、ほとんど両面焼き対応ですが、

IHの両面焼きは、上下のヒーターを交互に切り替えて加熱します。

つまり、一度に大火力で焼き上げる。と言う事が出来ません。

IHレンジとしての電気容量の問題もあるのでしょうが、

それよりも加熱方式に由来している気がします。

IHレンジでもグリルはシーズヒーターという形式。

昔のニクロム線が赤くなって発熱するコンロを覚えているでしょうか。

構造的には、ほぼ一緒です。

ですのでヒーター自体の耐熱温度の関係で、連続使用を避けている気がします。

話をガスに戻しますが、メーカーもここが差別化ポイントと考えていて、力を入れています。

別途にオーブントースターを用意する必要がないほどレパートリーが広く、

庫内の清掃性も良く考えられています。

IHとガス。

なかなか悩ましい選択になっていて、一消費者としてはうれしいですね。

選択肢がある。と言う以上の幸せはありませんから。

こんにちは

廊下の陰から顔を出しているのは、

小型ユンボ、つまりパワーショベルです。

エレベーターの増設に伴い、給水排水工事の迂回が必要となりました。

で、床下の掘削工事を行っています。

木造と違いRCは、スラブ(床)の下に空間はありません。

なので、スラブ掘削→ユンボで土の撤去。という感じで工事が進みます。

覗くとこんな感じ。

今回は、トイレの移設も伴っているため、ちょっと大がかりになってしまいました。

特に、給水は圧力があるためどうにでもなるのですが、排水は自然に流す必要があります。

つまり、排水勾配と呼ばれる高低差が必要なのです。

改修工事は、なかなに大変です。

基礎の仕上げ

今年最初の「塗り」の仕事は、基礎幅木でした。

基礎はご存じの通り、鉄筋コンクリートなので、色んな仕上げがあります。

コンクリートをそのまま見せる「打ちっ放し」と

塗り材で仕上げる「塗り」

に大別できると思います。

外断熱をお薦めするCACICOの仕上げ材は、基礎化粧仕上げとしても優秀。

「基礎幅木」は、実はとても汚れやすい場所です。

何故ならば

屋根から一番遠くて、地面に接しているからです。

雨がかかりやすく、地面からの泥跳ねがあり、直接水を吸い上げる心配もある。

と、正に汚れの三重苦状態です。

この環境で特に必要とされるのは、「撥水性」だと考えています。

さてCACICOの仕上げ材は、専門用語的に言うと「厚付け」ができません。

ですので、下地の不陸(凸凹ですね)がはっきり分かってしまうと言う欠点があります。

ですので、工程としては

下地処理+仕上げ一次+仕上げ二次

という3つが必要です。

日程的に言うと、下地処理で1日。

仕上げで1日です。

写真は仕上げ二次の状況です。

まず、コテで材料を塗りつけて、

今回は、刷毛引き仕上げなので、言葉通り「刷毛」を使います。

拡大すると、こんな感じ。

あっさりしていて、結構キレイです。

豚の角煮

以前、圧力鍋を買った話をしましたが、大定番の「豚の角煮」を作りました。

メーカー添付のレシピ集でもトップを飾る大物です。

レシピ的には、

捨てる野菜やショウガと一緒に下茹で30分

煮汁に取り替えてから、30分

と言う事なので、だいたいそんな感じでやってみました。

おぉ、確かにトロトロの角煮が!!

圧力鍋さん、ありがとう。

斫り作業

タイトルは「はつり」と読みます。

写真は力強い構図ですねぇ。

玄関を入ったところで、本来は靴箱&トイレがあったスペースのスラブ(床)を斫っています。

今回導入する東芝エレベーターですが、業界的に「マシンルームレス」と言って、

上階に機械室が無くても良いタイプです。

イラスト内の上部に設置されたモーター部分が、コンパクトになっている訳です。

従前は屋上に機械室と称するスペースが必要だったのですが、

現在はこのように天井裏のスペースで収まるタイプが増えています。

導入側としてはそれで一安心だったのですが、問題は一階の方にありました。

一階の床より下にピット(空間)が必要。しかも1メートル以上。

幸い、建物を支える地中梁(木造住宅における基礎の構造部分)には干渉しなかったので

「そこほれワンワン」で進めています。

あっ、因みに上記の話は現場で決めた訳では無く、エレベーター申請時のお話です。

斫り作業はすごいです。

何が?

騒音と埃の量がホント半端ないです。

外部に漏れないように扉を閉めて行うのですが、

写真の間だけ扉を半開きにして撮影しました。

RCの解体は、木造とはレベルが違います。

落とし穴

部屋の真ん中に、立ち入り禁止コーナーが。

ちょっと近づいてみると

大きな穴が空いています。

これ、階上の廃材を運び出すために開けた「落とし穴」です。

階段で運び出すのでは、時間がかかりすぎるという判断で、穴を開けることにしました。

この下は、普段駐車場に使っているスペースだったので、真下に車を設置すれば、

落とし穴から、そのまま積み込むことが可能という訳。

下から覗いてみます。

スラブの鉄筋は、切断せずに折り曲げています。

これは作業終了後、元に戻して配筋にするため。

構造的に脆弱にならなず、コストも抑える。

解体工事にも、知恵が必要なのです。

ホーム

検索
Feeds
Meta
52 / 86« 先頭...102030...48495051525354555657...7080...最後 »

ページの上部に戻る