CACICOブログ HOME > アーカイブ > 2011年11月30日のアーカイブ

2011年11月30日のアーカイブ

関西パッシブ勉強会に参加

今日はNPO外断熱推進会議が開催している、関西パッシブ勉強会に参加してきました。

大阪まで、高速バスの日帰りツアーです。

この勉強会では、CACICOの1棟目であるO邸も研究対象になっているため、断熱工事の状況を写真を交えて紹介しました。

で、今回の主役は「東大阪の町工場」でした。

CACICOが使っている換気装置は、澄家Eco-Sのハイブリッド仕様という、バリバリの新商品を試験導入したものです。

当然ながら四国は初採用ですが、この機器と、内部のキモである熱交換素子は、どちらも大阪の町工場で作られているのです。

その性能と役割についての話が聞けました。

手に持っているのは、熱交換素子の一パーツです。

この話だけで、NHKのプロジェクトXができそうな感じで、日本一(全熱交換としては、世界のトップレベル)の熱交換効率を達成しているのです。

今、全熱交換と言いましたが、熱交換の方式は、顕熱(けんねつ)と全熱に分かれます。

熱を正確に分類すると、   全熱、顕熱、潜熱   という呼び方になります。

顕熱  空気の温度が持つエネルギー

潜熱  空気に含まれる水蒸気が持つエネルギー

全熱=顕熱+潜熱という関係になります。

簡単にまとめると

①顕熱式の熱交換とは、温度は室温を保とうとするが、湿度は外気をそのまま導入します。

②全熱式の熱交換とは、温度も湿度も、室内を保とうとする。

ドイツでは、湿度が問題にならないため、臭いなどの悪影響がない、顕熱が主流です。

ですが、日本では全熱でなければ、快適が手に入りません。

例)

夏場 室温はキープするが、外部の湿気た空気が入ってくる。   (ドイツの夏は乾燥しているため、室内に入ってきてもOK)

冬場 室温をキープするが、外部の乾燥した空気が入ってくる。  (ドイツはの冬は湿度が高いため、室内に入ってきてもOK)

これでは、快適とは逆の方向に向いています。

と言う訳で、快適な家造りには、熱だけではなく、湿度のコントロールが欠かせない事を再認識しました。

つまり、「性能の良い、全熱交換式の換気装置」が必要で、それは、大阪の町工場で作られているのです。

これも、ひとつの「地産地消」ですね。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2011年11月30日のアーカイブ

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る