CACICOブログ HOME > アーカイブ > 2017年10月13日のアーカイブ

2017年10月13日のアーカイブ

理想の基礎断熱を考える その5

  • 投稿者: admin
  • 2017年10月13日 4:05 PM
  • CACICOBASE

前回のまとめ。

木造住宅の白蟻対策は

①蟻道を隠蔽させない

②蟻道を見つけたら駆除をする

というものです。

なにか、モグラ叩きみたいですね。

この問題はいったん保留して、引き続き基礎断熱を検討してみます。

今回は内断熱。

s-蟻道 内断熱

外部に関して言えば同じですが、内部は厳しいです。

基礎の内断熱は、立ち上がり&外周に面する1mの床面を断熱材で覆う工法なのですが、

これは基礎完成後の後貼り工事ですから、完全密着は出来ません。

つまり、基礎コンクリートと断熱材の接着面は蟻道の最適空間になってしまうのです。

コンクリートの打ち継ぎ部やスリーブの隙間から入る確率は、面積から考えれば少ないですがリスクはリスク。

この対応策は、防蟻コーキングか防蟻ウレタンしかないのが現状です。

施工ポイントは下記になります。

s-防蟻コーキング 内断熱

下3つ、基礎内部への侵入ポイントを処理するのは当然です。

一方、断熱材上部と基礎天端の処理は、必要と言えば必要なのですが、ちょっと負け戦っぽい感じです。

この位置まで白蟻が到達している=基礎内部に侵入を許している。

戦で言えば、城壁を越えられているが、本丸には達していない戦況ですね。

で、問題なのは、

基礎内断熱経由の白蟻駆除は、とても困難なのです。

基礎内断熱の一番のリスク。

白蟻は断熱材の裏側を移動しているので、どこにいるかの把握ができない。

(蟻道が隠蔽されているので当然ですね)

その上基礎断熱は床下も室内空間。つまり空気環境的に室内と繋がっていて、農薬系の白蟻駆除剤が使用できない。
 
基礎内断熱で、白蟻の侵入が発覚した場合の処理は。
 
①断熱材の全撤去
 
②農薬系で駆除する場合は、駆除の期間、住人が屋外に退避する必要がある。
 
のではないかと考えます。
 
ホウ酸系防蟻剤を使えばとも考えたのですが、駆除には不向きでした。
 
何故ならホウ酸には接触毒の作用がないからです。(だから人体に影響がないとも言えます)
 
白蟻に散布しても、白蟻がそれを食べてくれないと意味がないのです。
 
ホウ酸系は予防剤であって、駆除するには農薬系の駆除剤が必要です。
 
すいません、業界関係者から遅延性だが、高濃度ホウ酸液であれば駆除は可能だとご指摘頂きました。
 
因みに日本で販売されている商品で、もっとも水溶液濃度が高いのは、ナイサス社のボラケアです。
 
お詫びして訂正いたします。

理想の基礎断熱を考える その4

前回までをザックリまとめます。

白蟻の蟻道対策として、

防蟻断熱材+継ぎ目を千鳥に配置+防蟻笠木による物理障壁

を行いました。

ここで一度、白蟻予防の原点に立ち戻ってみます。

白蟻予防に適している基礎断熱とは、以前も書いたとおり

隠蔽箇所に蟻道を作らせない事。

これを説明するために、まずは現状の把握からです。

日本の新築の半数以上は今だに床断熱住宅。

で、床断熱の住宅に白蟻の被害が無いかというと、そうではありません。

床断熱で断熱材が蟻道にならないのは、

白蟻が木材に達する間に断熱材が存在しないからに過ぎません。

白蟻の進入路を図示してみました。

床断熱・蟻道

土壌性白蟻は、土中に巣を作って餌場との間を行き来します。

床断熱の場合、基礎は中・外コンクリートです。

外側は当然基礎の立ち上がりを登ります。

また、コンクリートの打ち継ぎやスリーブの隙間から内部に入る可能性あり、

内部に入った場合も、やはり基礎の立ち上がりを登ることになります。

白蟻が木材に辿り着くためには、コンクリート表面に蟻道を作るしかないのです。

コンクリートの表面は、蟻道無しでは登れない。

住み手は、この蟻道を見つけることによって白蟻の侵入に気づける。

で、気づいたら駆除が出来る。

これが床断熱、いえ木造住宅の白蟻対策なのです。

ホーム > アーカイブ > 2017年10月13日のアーカイブ

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る