CACICOブログ HOME > アーカイブ > 2017年10月6日のアーカイブ

2017年10月6日のアーカイブ

理想の基礎断熱を考える その3

  • 投稿者: admin
  • 2017年10月6日 9:54 AM
  • CACICOBASE

前回、捨てコンが水平じゃないと大変。

という話をしましたが、解消する方法もあります。

どちらかと言えばそちらが主流のようなので、まずその説明を。

方法は至ってシンプル、少し大きい断熱材を設置するのです。

で、型枠を外してから、はみ出した上部を切断する。

断熱材はスチロールカッター等でカット出来るので、一つの方法だとは思います。

 

さて、ベースの精度を確保した場合の施工に戻ります。

第1段目の610mmをセットした後は、防蟻笠木を取り付けます。

長さ2730mmの樹脂笠木で、厚み40mmの防蟻断熱材を仕込んでいます。

実物写真をどうぞ。

s-防蟻笠木_DxO

断熱材無しの写真もついでに。

こちらはカットサンプル用なので透明ですが、実際は断熱材と同じ白色です。

s-防蟻笠木(断熱材ぬき)_DxO

現場の写真です。

まずは接着目的の防蟻コーキングを塗ります。

s-IMG_8093

最初の笠木を取り付けます。

この時、つなぎ目に当たる断熱材を少し短くするのがポイント。

s-IMG_7947

次に断熱材だけを差し込みます。

s-IMG_7943

押し込む感じになりますが、笠木の巾に余裕があるので簡単です。

s-IMG_7945

断熱材を差し込んだ後に笠木を嵌め込みます。

s-IMG_7946

こんな感じで、接合部が綺麗に収まります。

s-IMG_7940

最後に完成した写真を。

すっきりとまとまっていますね。

s-IMG_7955_DxO

 

施工のイメージ図と特徴です。

s-防蟻笠木 断面図

第一弾の断熱材は2440mm、第二弾は910mmなので、継ぎ目が揃わないサイズ設計です。

また、防蟻断熱材・防蟻コーキングだけに頼るのではなく、

樹脂笠木という物理障壁を追加して、対白蟻の防御能力を高めています。

ホーム > アーカイブ > 2017年10月6日のアーカイブ

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る