CACICOブログ HOME > アーカイブ > 2015年6月21日のアーカイブ

2015年6月21日のアーカイブ

快適な室温は季節で変わる

温度をコントロールする機器は一杯あります。

ですが、フルオートと言うのは無いですね・・・多分。

その理由は、設定温度にあるのかも知れません。

夏期  27℃  冬期  22℃

一方、湿度はどうかというと

夏期  40%   冬期  50%

とすると絶対湿度目標は、

夏期  8.89g  冬期 8.23g

となって、あまり変わらないのですね。

 

何が言いたいかというと、エアコンにはいろんなモードがあります。

冷房 暖房 除湿

で季節によって、それぞれ必要です。

冷房の24℃と暖房の24℃は意味が違うためですね。

ですがデシカは一つでOK

それは調湿モード

実際リモコンには、調湿 加湿 除湿 換気 の4モードがあるのですが、

誰がどう考えても調湿しか選びません。

何故なら調湿モードにしておけば、加湿、除湿、換気を自動で切り替えてくれるのに

わざわざマニュアル運転する人はいないでしょう。

メーカーの技術の人も同意見でした。

 

これは、

温度は季節によって快適な温度帯が変わっていくが、

湿度は絶対湿度で考えれば、比較的一定

だからだと思います。

 

昨年デシカと暮らしだしてから、

冬の間は21~22℃が快適でした。

その後、春になると室温が上がりだし、現在は26℃前後が快適です。

これって何か不思議な感じがしてます。

例えば間を取って、24℃に調節したらどうでしょうか。

多分24℃の室温は、冬なら暖かすぎるし夏なら冷えすぎていると感じるのでは?

想像するに、外気温と大きな差があると体がびっくりするのかと。

慣れってありますよね。

30℃になった瞬間は、結構暑く感じても、それが続くと体が慣れる。

同じ理由で

24℃自体は快適でも、真夏には寒く感じるし、真冬には暖かすぎる。

建物から出なければ慣れて快適なのでしょうが、そういう訳にもいきません。

感覚の微妙な所ですね。

もちろん室温24℃が快適な時はあります。それは春と秋です。

 

室内の快適温度は外気温によって変化するが、湿度は絶対湿度で考えるとあまり変わらない。

という気がする今日この頃です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2015年6月21日のアーカイブ

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る