CACICOブログ HOME > CACICOの毎日 > e-TAXに挑む

e-TAXに挑む

昨日、ようやくe-TAXの処理が終了しました。

e-TAXは、ネットを使って確定申告ができるシステムです。

必要な機器は、ICカードリーダー・ライターのみ。

まぁ、言ってみれば高速道路のETCみたいなものです。

e-TAXを使用すると、3000円の税額控除が受けられるのですが、

ICカードリーダー・ライターは2000円程度からあるので、一回で元が取れます。

RCの外断熱改修工事現場の近くには、国税局があるのですが、

ここ一月近く、平日の駐車待ちの列が途切れません。

なぜならば、確定申告の時期だから。

所得税と贈与税は締め切りが3月15日ですね。

そこで並んで相談するぐらいならと、ネットでの確定申告に挑戦しました。

 

さて、このe-TAX。ソフトとしてはすごくよく考えていると思います。

会計処理に知識がない人を対象にしている感じがあります。

macの事は分かりませんが、私の機械はT社のノート。

セットアップは、IE(インターネットエクスプローラー)がお薦め。

と書いていたのですが、まぁ何でも良いでしょう。

と勝手に判断して自分が使っているブラウザー(国産のスリープニール)で進めていると、あえなく失敗。

仕方なく、IEに変えると、比較的サクサクと進む。

時間はかかったものの、セットアップは終了。

じっさい金額を入れるところも、源泉徴収票に色分けがされたおり、その色で入力場所がわかる。

おぉ、私向けだ。

おぉ、これは簡単かも?と思っていたところに落とし穴がありました。

最後の送信作業になぜか移れない。

いろいろ調べたあげく、夜中に断念。

このe-TAXは平日ならば、幅広い時間帯で電話サポートがあるので、

まぁ聞けば分かるでしょう。と軽い気持ちで電話をしました。

ところが、アドバイスのほとんどが既知のもの、

30分以上いろいろと試したのですが、

結論は「コンピューターを変えてみる」というもの。

そこで、以前のP社を引きずり出してチャレンジ。

こちらはP社のXP仕様。

今までどうしてもでなかった送信画面を拝むことができ、

「やった、完了か?」

と喜んだのもつかの間、次の落とし穴が。

先述のICカードリーダー・ライターを認識しない。

ここで件(くだん)のサポートセンターに電話をしたが、それでも解決せず・・・

もうダメ元で、連れ合いのT社ノート(私とは機種が違う)を借りてみると

なぜか、サクサクッと終了。

「なんでやねん」

と大阪弁で突っ込みたかったのですが、

まあ、終わりよければ全てよし。

今年の確定申告。

還付金850円でした。

・・・来年は、もっと早くできるでしょう。やり方を覚えてさえいれば。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=5779
トラックバックの送信元リスト
e-TAXに挑む - CACICOブログ より

ホーム > CACICOの毎日 > e-TAXに挑む

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る