CACICOブログ HOME > CACICOの毎日 > エレベータの重し

エレベータの重し

外断熱推進協議会のセミナーが、とても良かったのですが、なかなかまとまりません。

そこで、今回も見送って現場の話を。

RCの外断熱改修現場は、どんどん進んでいます。

エレベーターは試運転を始めています。

こちらは、エレベータ試運転用に使用する「重し」です。

今回は比較的小型なので少量ですが、運搬用の大型エレベーターなんかだと、

積載重量がすごいので、すごい量のウェイトが準備されるようです。

おぉ、この現場初。エレベータが通電しています。

なんか感動。

で、開いたところは

こんな感じで、まずは1階に止めたまま、扉の開閉テストを繰り返します。

エレベーターの安全は、丁寧な仕事と、地道なテストの結果なんだなぁ、と思わされます。

で、少し違う話です。

エレベーターではなくエスカレーターに乗って「歩く」事ありますよね。

東京は右側通行。大阪は左側通行。というやつです。

あれ、実は(メーカーとしては)目的外使用だと知ってました?

何でなの?と尋ねると

「エレベーターの中で飛び跳ねたりしないでしょ。あれと同じですよ」

との事です。

確かに、エレベーターの積載重量は、制止状態の数値。

中で搭乗者がどんどん飛び跳ねることは想定されていないですよね。

実際、地域によっては、エスカレーターの歩行自体を禁止しています。

博多駅のエスカレーターは「歩行禁止」でした。

(でも、歩いていますけどね)

エレベーター内部で飛び跳ねるのが非常識なように、

そのうちエスカレーターで歩くのが非常識。と思われる日が来るのかも知れません。

タイトルとオチが全く違いますね。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=5784
トラックバックの送信元リスト
エレベータの重し - CACICOブログ より

ホーム > CACICOの毎日 > エレベータの重し

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る