CACICOブログ HOME > 「かしこい家」の性能 > 熱量の大きい建物

熱量の大きい建物

温熱環境に関して

「湿度のコントロール」の大切さは感じています。

湿度コントロールは、

「湿度コントロールが出来る環境」と「湿度コントロールできる機器」

の二つが必要です。

湿度コントロールが出来る環境とは、

建物の断熱レベルを、ある水準以上に保つ事です。

冬場に加湿器を稼働させても、窓で結露してしまうのでは、加湿は出来ないから。

その上で、

どんな機器を使って湿度をコントロールするか?

という問題に、初めて入ります。

その回答の一つとなるのが、最近取り上げたデシカという機器です。

枕が長くてすいません。

RCの改修を手がけて初めて、熱量の大きな建物の事を真剣に考え始めました。

実は、あまり断熱性能を上げなくても、快適になるのではないか?

と考えています。

それは、木造や鉄骨に較べて、蓄熱量が格段に大きいからです。

窓の外で結露してしまうほどの蓄熱量を誇るRC構造。

この外側で断熱が出来たら、

戸建てRCなのに、マンションの中部屋レベルまで環境が上がる気がします。

その上で、枕に書いた湿度コントロールが加味できたら・・・

計算上のQ値を越えた環境が手に入る予感がしています。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=5117
トラックバックの送信元リスト
熱量の大きい建物 - CACICOブログ より

ホーム > 「かしこい家」の性能 > 熱量の大きい建物

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る