CACICOブログ HOME > 「かし住まい」を街中に > RCには防水が必要!!

RCには防水が必要!!

エレベーター設置を中心にお届けしてきた、RC断熱改修工事ですが、

ようやく自分の専門分野が始まります。

今日はホント良い天気でした。

さて、RC打ち放し仕上げ(香川県は多いですね)があるぐらいですので、

RC(鉄筋コンクリート)が構造的に防水だと思っている人がいます。

もちろん、それなりの防水性能・・・いえ正しく表現すると水密性が高いのですが

それは丁寧に打設された密度の高い部分のみの話です。

その証拠に壁が打ち放しでも、屋上が「打ち放し仕上げ」という建物はありません。

つまり、屋根には適さない程度の防水能力だと言う事です。

では壁ならOKかと言うと、長いスパンで見るとそうでもありません。

 

古いビル等の壁で起こる現象に「爆裂」というものがあります。

これは、躯体内に侵入した水分が原因で起こるのですが

①コンクリートが水を含んで膨張する

②鉄筋が錆て膨張する

理由は大きくこの2つです。

では爆裂を防ぐには何が有効でしょうか?

それは

コンクリート自身に頼らない防水処理なのです。

つまり

RC建築に「長期にわたる耐久性」を与えるには壁の防水が不可欠。

しかし

屋上の防水をするRCは当たり前ですが、

壁の防水をするRCはほとんど無いのが現状。

話は少し変わりますが、

今回は室内の間取り変更のため、部分解体工事を行いました。

で実感した事は、RCはホント解体に手間(=費用)がかかります。

いやもうビルの全撤去を考えたら、気が遠くなりそうです。

ですからRCを作ってしまったら、その寿命を全うさせてあげるのがECO

で、そのために必要なのが「防水」処理です。

CACICOの防水は、下地と仕上げの2工程に分かれます。

今回は下地処理です。

現状より一回り小さいサッシを取り付けたので、サッシと壁の取り合いを下地処理しています。

連続写真で見るとこんな感じ。

包帯のようなファイバーメッシュを、パテで固定していきます。

よくある風景としては、クロスの下地に近いですかね。

取り合い部分を補強してから、全体的な防水をする。という流れです。

今日と明日は、下地処理の日という感じです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=5648
トラックバックの送信元リスト
RCには防水が必要!! - CACICOブログ より

ホーム > 「かし住まい」を街中に > RCには防水が必要!!

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る