CACICOブログ HOME > 「かしこい家」の性能 > 結露しないサッシ

結露しないサッシ

住宅の断熱で、造り手レベルではどうにもならないもの。

それが窓です。

屋根、壁などの断熱は、造り手側でおぎなう事が可能です。

性能が低い断熱材しか無かったとしても、その分壁の厚みを増やせば良いだけ。

室内空間とのトレードオフにはなりますが、可能です。

一方、窓はそういうわけにはいきません。

窓は、開閉なども必要な工業製品なので、現場で作成する訳にはいかないからです。

まずサッシ以前にトリプルガラスを制作してくれるガラス屋さんが近辺にはありません。

これは「鶏卵」の話です。

トリプルガラスを使ったサッシが売れないから、ガラス屋さんもその品揃えが無い。

という関係です。

話を戻して、断熱性能的に一番問題になるのも窓です。

なぜなら、外殻なのに光&開閉する必要があるからです。

つまり室内に明かりや通風をもたらすという目的のため

建物の中で、もっとも断熱性能の弱いところとなっているのです。

「温暖地域に高性能なサッシ」がいるのか?

という質問に対しては、

「冬場に暖かくて湿潤な空気環境」が必要かどうかで決めれば良いと思います。

どんな立派な暖房器具や加湿器があったとしても、

窓で結露してしまうのであれば、室内の湿度はあがりません。

断熱にまつわるもので、現場の努力ではどうにもならないもの。

その最右翼が「高性能サッシ」なのです。

 

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=5583
トラックバックの送信元リスト
結露しないサッシ - CACICOブログ より

ホーム > 「かしこい家」の性能 > 結露しないサッシ

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る