CACICOブログ HOME > 「かしこい家」の性能

「かしこい家」の性能のアーカイブ

キッチン登場

先日、ご案内したキッチンの写真を公開します。

 こちらは、ウッドワンのキッチンです。

ウッドワンと言われても、ピンと来ないかも知れませんが、このメーカーは、木質系の住宅建材として有名です。

ニュージーランドの国有林68,000ヘクタールの森林経営権を取得しており、原木を、ほぼ全量自社林から供給できる希なメーカーです。

68,000ヘクタールって・・・1ヘクタールが100m×100mの正方形なので、約26km×26kmの面積です。多分。

広すぎて良く解りません。

ちなみに香川県の面積が1,876k㎡なので、約43km×43km。

大雑把に、香川県の4分の1という感じでしょうか。

話がずれてしまいました。

ウッドワンのキッチンの特徴は、上記の利を活かした天然木の仕上げです。

一方、バックセットは

 こちらはキッチンメーカーではなく、家具メーカーからセレクトしました。

正確に言うと、キッチンのバックセットに特化した家具メーカーです。

キッチンメーカーのバックセットは、オプションのイメージが強いせいか、少し割高な値付けになっている気がします。

キッチンとの一体感。と言う点では負けますが、自由度、品質などは勝るため、個人的にはお薦めです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ブラインド始動!!

今日は、電動外付けブラインドの動作テストを行いました。

この家には、5つの電動ブラインドが付いています。(窓としては、7箇所)

このブラインド、個別にも動かせますが、プログラムを組むと同時にも動かせます。

使い方としては、

夏の朝、出かける時に、全ての窓をボタン一つで閉める。

というのを、想定しています。

テレビのように、リモコン操作です。

写真撮影のため、道に出て、写真を撮りながら操作しました。

 

おぉ、すごい!!

ユーチューブにアップしたいぐらいの感動です。

こちらのお家、断熱はこれでもか。というぐらい行っていますが、それも窓の遮熱ありきです。

お金をかけて断熱した結果、夏場のエアコン使用量が増えてしまうのではしゃれになりません。

冬は快適だけど、それ以外の季節は・・・と、言われかねないのが、暑い地域の「高断熱」です。

夏も冬も快適に、その秘密兵器が、こちらの電動ブラインドなのです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

抽象画

これは何でしょう。(最近、このパターンが多いですね)

これ、実はキッチンの壁に貼るキッチンパネルの裏側です。

白いテープのようなものが両面テープ。グレーのニョロニョロが、コーキングです。

これを、壁に「えいやっ!」とくっつける訳です。

今日はキッチンの取付日でした。

次回は、完成したキッチンをご覧頂けると思いますが、今回は取付の裏舞台。

というかパネルの裏側をご紹介しました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ぴったんこ

昨日、フロアコンセントのブログを上げましたが、タイル工事がその手前まで進んできました。

 計ったように、(計ったんですが)目地にドンピシャ!!です。

この上には、テレビボードが設置されるため、大掃除でもなければ人目に触れません。

ですが造り手としては、とても満足です。

電気屋さん、タイル屋さん、ありがとうございます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

床の上の秘密

1階の床の上に設置しているものですが、何だか分かりますか。

これは、一般的に「フロアコンセント」と呼ばれる部材のベースです。

文字通り、「床面に取り付けるコンセント」。

普通の床であれば床下は空洞なので、どこにでも持って行けるのですが、タイル下地ではそうはいきません。

この辺りかなぁ、という位置に、とりあえずの開口を開けておきます。

その後、出てくるのが「タイル割り」という作業です。

 タイル割りのルールは、大きく二つ。

①できるだけ、カットしない方が良い。

②孫(カットしたタイルをそう呼ぶ)は小さ過ぎない方が良い。

で、この二つは、たいていの場合相反します。

そこで、デザイン的にどこを美しくするかを決めるのです。

部屋のサイズは、タイルを中心に考えないため、孫が発生するのは当然です。

その場所を、どこに持っていくかを決める作業だとも言えます。

「タイル割り」が終わって、初めてタイルの継ぎ位置(目地)が、決定されます。

それが、フロアコンセントの位置が決定した瞬間でもあるのです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大きなタイル

1階・床の大部分を占める、タイル工事が始まりました。

って、大きすぎます!!

 職人さんと比べてみて下さい。

一般に使う大判タイルと言えば、30㎝×30㎝ですが、これは60㎝×60㎝。

面積にして4倍ですから、迫力が違います。

下地で高さを調整しながら、1枚1枚敷いていきます。

職人さんも、個人住宅では貼った事ないなぁ。という600角。

あと数日で、完成の予定です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

内部足場よ、さようなら

 天井と吹抜周りのクロス工事が終了。

懸案のスリット周りもきれいに仕上がり、一安心です。

ですが、天井付近の作業は、もう一つ残っています。

大きな吹抜のお約束。シーリングファンの取付工事です。

空気を循環させる。という意味では、換気装置側でできる仕掛けを作っているのですが、「デザイン的にも欲しい」という話になりました。

で、早速取付工事です。

この仕事が終われば、ようやく内部足場もお役ご免です。

足場撤去後は、1階床の仕上げであるタイル工事に取りかかります。

今回は、なんと60㎝×60㎝の大型タイル。

仕上がりが、今から楽しみです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

基礎は外断熱!

今回のお家は、基礎の外側に断熱をしています。

断熱材のままでは美しくないので、最後に仕上げ材を塗ります。

基礎も考え方は、外壁と同じです。

クラックが入らないようにメッシュシートを入れて、上から仕上げ材を塗り込みます。

当たり前の事ですが、木造住宅と言っても、基礎はコンクリートの塊です。

ですから熱的に言うと、木造住宅は、木造と鉄筋コンクリート造が混在しているのです。

コンクリートの特徴は、熱をたくさん蓄える事です。

夏場、日が沈んでもアスファルトやコンクリートの温度は、なかなか下がりません。

それは、熱を大量に蓄える事が出来るからなのです。

話を現在に戻しましょう。

今の季節、足元が寒いと嫌ですよね。

一般的な住宅では、フロアーの下に断熱材を入れますが、基礎は冷たい空気にさらされたままです。

つまり、足のもっとも近いところに、「冷たい熱」の塊が、存在し続けるのです。

そこで、外断熱の登場です。

基礎を外側で断熱した場合、基礎への蓄熱は外気温ではなく、室内側の温度に近くなります。

どちらが良いかは、裸足で歩けば分かります。

この寒い季節、足元を暖かにしたいですよね。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

みんなでヨイショ

三人がかりで、何かを行っています。

これ、パテ処理が終了したため、クロスを貼りだしたところです。

とっても大変そうな理由は、勾配天井の一番天辺ににスリットがあるからです。

このスリット、「室内の暖かい空気を取り込んで、床下に送る」ためのとても大切な隙間なのですが、工事的には邪魔者。

中を覗かれないため、隙間は最小限にしているため、下地を造るのも、クロスを貼るのも、「とても大変」になっています。

スリットの重要性を説明して、職人さんには納得してもらったのですが、それでも手間は手間。

「優雅に見える白鳥も、水面下では一生懸命、水をかいている」そんな、感じに仕上がる事を祈っています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

塗り壁の登場!!

昨日の雨模様で、足場解体が本日にずれました。

さて、外観の勇姿は・・・

おぉ、美しい。

目地が無いというのは、ホント良いですね。

この外壁。美しさ以外にも特徴があります。

それは、とても軽い!! という事です。

数値で比較してみます。

一般的なサイディングは、ビスや金物などを抜きにしても、㎡辺り18Kg程度の重量があります。

ひいては、こちらの外壁。すべて併せて5Kg。

つまり約1/4の軽さなのです。

今回の家であれば、壁は200㎡ほどあるので、3.6トンが1トンまで、激減していると言う事です。

これだけ重さが違えば、家に対する負荷も、まったく変わってきます。

人に例えれば、重い綿入りのコートが、羽毛のダウンに代わった感じでしょうか。

人も家も、上着は軽いにこした事は無いですよね。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 「かしこい家」の性能

検索
Feeds
Meta
30 / 34« 先頭...1020...25262728293031323334

ページの上部に戻る