CACICOブログ HOME > CACICOの毎日 | 「かしこい家」の性能 > レインシャワー

レインシャワー

RCの改修現場を離れて、ショールームに来ています。

最近、浴室で気になる設備がありますので、資料をもらいに来ました。

それが、レインシャワー

文字通り、雨のように上から降ってくるシャワー装置ですね。

浴室の天井にこ~んなのが付いている写真を見た事ありませんか。

 

一般のシャワーは、斜め前から水圧でかかってきますが、

レインシャワーは、上部から重力で落ちてくるイメージです。

実際に使用してみると(以前、ホテルで使った事が)体に満遍なくかかる感じで、

一般シャワーより快適度が高いです。

日本で有名なのは、ハンスグローエと言うドイツメーカー。

因みに、ドイツには「グローエ」と「ハンスグローエ」の二社があります。

日本的に言うと、山田や鈴木みたいに数多い名字なのかなぁ、と思っていたのですが、兄弟らしい。

さてさて、この二社に限らず、ドイツの商品は「高い」です。

ユーロが下がっても、値段が高止まりしています。

現地で買ったら絶対そんな事ない気がして、何か悔しい。

で、日本メーカーに無いのかなぁ、と探してみたらありました。

写真は、TOTOのシャワーバーという商品。

で、ボディシャワーも併設しているタイプは、こんな感じです。

日本の事だから、一社だけが発売していると言う事はありません。

リクシル(旧INAX)も発売していました。

 こちらは、アクアネオと言います。

TOTOの商品より、もう少し高機能な感じですかね。

フットシャワーまで取り入れて、体中心地よい感じになるみたいです。

非常に日本的だなぁ。と思ったのは、

シャワーはどうしても使い始めに、冷たい水が出ます。

専門的に言うと、「配管内の初期冷水」と言うモノですが、

これを排水する機能を装備している事。

「かゆいところに手が届く」日本的サービスですね。

どちらも、各メーカーの高級ユニットバスにオプション設定されていますので、

ユニットバスでも問題なく設置できます。

ここだけの話、どんなユニットバスにでも取り付けできると思います。

なぜなら各メーカーからシャワー水栓として個別販売されているモノなのですから。

・・・ショールームの方に怒られそうなので、聞かなかった事にしてください。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=5408
トラックバックの送信元リスト
レインシャワー - CACICOブログ より

ホーム > CACICOの毎日 | 「かしこい家」の性能 > レインシャワー

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る