CACICOブログ HOME > 「かしこい家」の性能 > 日本製サッシの現状

日本製サッシの現状

業者向けの情報誌があります。

メジャーな所では、「日経ホームビルダー」、「新建ハウジング」なんかがそうです。

どちらも書店では販売しておらず、通販のみの形式です。

日経ホームビルダーの最新刊で、日本製サッシの特集が組まれていたので、そこから少し。

窓枠の材質別構成比から。

日本のサッシには、

アルミ、アルミと樹脂の複合、樹脂、木、というのがあります。

四国地域を含むⅣ地域という縛りで見ると、

一番多いのはアルミサッシでした。

なんと71%

まぁ、住宅だけではなく、店舗やビルも含めた話だと思いますが、それでもビックリ。

ちなみに

Ⅰ地域は1%

Ⅱ地域は3,3%

Ⅲ地域は32.6%

しかアルミ(単独)サッシは使われていません。

一番身近(?)なⅢ地域(地図では黄色)は、約半分が樹脂とアルミの複合サッシ。

ですが、四国を含むⅣ地域では複合サッシの割合が23.4%まで激減します。

私としては、四国でも樹脂サッシを薦めたいのですが、その比率たるや2.4%

ちょっと寂しい限りです。

「四国には、それほど高性能なサッシは不要」

という言い方もできますが、私は逆の表現をしたいです。

Ⅰ地域、つまり北海道での住宅価格は、私の知識では日本最安レベルです。

ですが、樹脂サッシの導入率は30%を越えています。

何が言いたいかというと、

樹脂サッシは「それほど高価ではない」という事。

北海道では石油が産出されるので、樹脂サッシが安い。

なら理解できますが、そんな訳ありません。

住宅価格がリーズナブルな北海道で、樹脂サッシが導入できるのであれば、

日本国中で樹脂サッシが、それほどの追加が無く導入できる筈なのです。

なのに何故、現状が違うのか?

コストではない別の理由があるのでしょう。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=6226
トラックバックの送信元リスト
日本製サッシの現状 - CACICOブログ より

ホーム > 「かしこい家」の性能 > 日本製サッシの現状

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る