CACICOブログ HOME > CACICOの毎日 > 軟太郎という機械

軟太郎という機械

今日は、三浦工業さんから「軟太郎」の話を聞きました。

テレビをほとんど見ないので知らないのですが、テレビでもCMをしているようです。

この軟太郎。水道水からカルシウムやマグネシウムを除去する機械。

水関係では、浄水器やアルカリイオン整水器がありますが、個人として興味があるのは軟水器。

以前、工務店に勤務している時には、一台お客さんに入れてもらったこともあります。

ウルトラピュアソフトウォーター・・・日本語で、高純度軟化水と言うそうですが、

何故三浦工業さんがこのような商品を作っているのか?

それは、三浦工業さんがボイラーの製造メーカーだからです。

ボイラーの仕組みを文系的に説明します。

水を効率よくお湯(もしくは水蒸気)にするのがボイラーの役目。

仕掛けとしては、銅管に水を通し、その管を加熱する、というもの。

当然ながら、管は細いほど効率が良いのですが、あまり細くすると目詰まりの危険性が増えます。

で、目詰まりの原因というのが、、カルシウムやマグネシウムという鉱物系の物質。

蛇口の回りに、白くこびりついた物質を見たことないでしょうか。あれです。

高性能ボイラーを造るには、「水」から目詰まりの原因を除去するしかないのです。

つまり、軟太郎は、業務用ボイラーの技術を一般化した物だったりするのです。

脱力しそうなネーミングはともかく、技術的な裏付けがあるのが「軟太郎」です。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=6240
トラックバックの送信元リスト
軟太郎という機械 - CACICOブログ より

ホーム > CACICOの毎日 > 軟太郎という機械

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る