CACICO新着情報 HOME > アーカイブ > 2014年4月のアーカイブ

2014年4月のアーカイブ

接着式外断熱の特徴

  • 投稿者: admin
  • 2014年4月20日 10:13 PM
  • CACICO

接着式外断熱のお仕事が、徐々に増えて参りました。

ここでCACICOの取り扱う、接着式外断熱の特徴を造り手目線でご紹介します。

①塗り壁の下地として、耐クラック性が高い

②防水層にタッカーやビス・釘などの傷がつかない

③軽い。そして錆びたり・腐ったりする材料を使わない

④外壁の気密が取れる

⑤断熱性能が上がる

まとめると、断熱性能の向上と長寿命化が同時に出来る外壁です。

施工レベルにおいては

「これまで面倒であった、外壁の気密が簡単に確保出来る」

というメリットが、以外に大きいと考えます。

一般的な工事では、室内側で防湿シート施工をするのですが、

コンセントやスイッチ等の障害物が多くあり、

経験・スキルが無いと気密が確保出来ないのが現状です。

ですが接着式外断熱の場合、防水面で気密を取るため、工務店さんは、壁の気密を考える必要がありません。

(充填断熱の材種によっては防湿シートが必要です)

また従前サッシ取付時に必要であった、

「気密パッキンや先貼り防水シート」等の資材が不要になるというメリットがあります。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2014年4月のアーカイブ

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る