CACICOブログ HOME > 「かしこい家」の性能 > 蓄熱暖房の新しい道

蓄熱暖房の新しい道

冷房に関してはエアコン一択ですが、暖房に関してはいろんな選択肢があります。

その中の一つが蓄熱暖房。

有名なのは電気式の蓄熱暖房器ですね。

以前は、「割安な夜間電力を使用して」が、うたい文句。

今だったら、「日中暖房しても、太陽光発電はすべて売電できますよ」

という感じでしょうか。

CACICOとしては、「蓄熱→放熱」というシステム自体、うどん県には不向きだと考えます。

以前、「床暖房の未来 の続き」でも書いたように、季節によっては「蓄熱」を持て余してしまうからです。

蓄熱暖房器は内部に蓄熱レンガがあって、そのレンガを最高700℃に暖めるそうです。

その熱は、当然ながら「保存しておけない」ため、どんどんと室内に放射されます。

日中天気が良くて、室温が高くなっても止める事はできません。

という訳で、寒暖の差が大きい地域では、デメリットが目立ちます。

ですが、だからと言って、「蓄熱暖房」自体がダメだとは思っていません。

今までの話は、あくまでも、現在の電気式蓄熱暖房器の話です。

 

(電気)料金節約のための蓄熱ではなく、快適のための蓄熱があると思うのです。

具体的な問題点は、蓄熱温度が高すぎる事です。

 

では逆に、CACICOの知っている成功例を。

一階の床をタイル張りにしたい。

こんな要望があった場合は、蓄熱式がお薦めです。

→タイル仕上げでも床下がある構造(木地にタイルを接着)の場合は除きます。

一般的に一階の床をタイル貼りにする時は、コンクリートを打ち増ししてタイルを貼ります。

なので床下に空間が無く、いわばコンクリートに直接、足を付ける事になります。

言ってみれば、玄関土間と同じ条件です。

こんな状況下においては、どんなに室温を上げても、タイルの床面は暖かくなりません。

床面の温度を上げたければコンクリートを暖めるしかなく、

そのためにはコンクリート内部に温水配管を埋設する、蓄熱暖房が適役です。

そこに流す温水は、低ければ低いほど良いですが、

ボイラーにも温度の下限があるので、40℃ぐらで間欠運転(1日2時間とか)させます。

ポイントは、やはり蓄熱温度ですね。

蓄熱温度を、「触れた時も快適」な温度範囲に抑えられれば、良い輻射暖房になると思っています。

現在ある蓄熱暖房器は、小型の機器一台(=少ない容量)で住宅全体を暖める熱量が求められます。

しかも住宅の断熱性能は、まちまちですから一番低いところに合わすしかありません。

だから最高700℃という温度が必要なのでしょう。

逆を言えば

①一定以上の断熱性能

②大きな蓄熱層

があれば、温度は低く抑える事が可能です。

前述のタイル床という条件は特殊ですが、

フローリング仕上げでも、基礎自体を蓄熱体とした蓄熱暖房があれば、非常に有効だと思います。

「基礎外断熱+基礎蓄熱」

ならば、上記の2条件を満たす事が可能です。

以前取り上げた、「5万円の床暖房」は、CACICOの考える蓄熱暖房の簡易版だったりします。

蓄熱暖房は、あくまで輻射熱暖房として使うべき。

CACICOの提案です。

ホーム > 「かしこい家」の性能 > 蓄熱暖房の新しい道

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る