CACICOブログ HOME > 「かしこい家」の性能 > 若い力

若い力

CACICOの外壁を広めていきたい。

と考えた理由は、たくさんあります。

その理由の一つに「左官の復権」があります。

以前、家を造ると言えば、大工と左官の仕事でした。(木を山から切り出す人が入ったりもしますが)

ですが今では、家を一軒建てて、左官の出番がゼロ。

という時も珍しくありません。

室内はクロス、外壁はサイディング、玄関はタイル。

というのが至って普通。

左官の仕事は、あったとしても「勝手口のモルタル」や、「駐車スペースのコンクリート押さえ」。

これでは、仕事として「斜陽」と言って良いでしょう。

仕事は時代によって移り変わっていきますので、仕方がないことかもしれません。

ですが私の経験だけですが、家を建てたい人で「外壁の塗り壁が嫌い」という人はほとんどいません。

つまり需要はあるのです。

逆に、作り手の話をします。

「腕の良い左官さん」を探そうと建築業界内で声をかけるとします。

でも帰ってくるのは、「○○さんは上手だった」とか「もうやめてしまった」などという過去形の返事が多いのです。

左官業界も、仕事量の減少と共に職人さんが減っています。

特に、若い人が少ない。

それはそうだと思います。

仕事が先細りの中で、若い人を雇ったり、子供に後を継がせたい。等と思う人はいないでしょうから。

つまり、左官業界は「仕事の減少」と「職人の減少」が重なって、発生している。

という状況だと思うのです。

話長いですね。

すいません。

で、CACICOの外壁です。

湿式外断熱という分野は、「左官」がいないとお話にならないです。

断熱材を貼る、下塗りをする。仕上げ塗りをする。

その全てが、左官という技術を必要としています。(断熱材貼りは、微妙ですが)

ここ最近では、「不要」であった左官の技術。

その復権の鍵が、CACICOの外壁にあると思っています。

仕事があって、初めて人が集まってくる。

という訳で、若い左官屋さんが現場にいる。

というのが嬉しい、今日この頃です。

だって、塗り壁の家って、良いですもんね。

ホーム > 「かしこい家」の性能 > 若い力

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る