CACICOブログ HOME > 「かしこい家」の性能 > 0.78のディテール

0.78のディテール

先日紹介した、高性能樹脂サッシ。

その断面図だけの写真。

DMにも書いていましたが、ポイントは障子にあります。

障子とはガラスを囲んだ枠のこと。

この枠が太いと、どうしても「すっきり」とした収まりになりません。

特に窓サイズが小さくなると、枠や障子ばかりが目立ってしまうということも起こります。

そこで、こちらのサッシは障子を特殊な形状にしているのです。

具体的にいうと、障子の外側を無くしています。

外側からは障子レスのデザインになっているのです。

車でいえば、昔流行した「ピラーレス」というやつですね。

車の世界では、対衝突という意味合いで、一部のオープンカーだけにしか残らなかったのがピラーレス。

ですがサッシの世界では、見た目以上のプラスがありました。

それは窓の性能が上がったということ。

何故、窓の性能が上がったのか?

その答えは、とてもシンプル。

枠の性能よりガラスの性能が高かったから

なのです。

すっきり見えて、性能アップ。

このドイツ製サッシは、ただ者ではないですね。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=6247
トラックバックの送信元リスト
0.78のディテール - CACICOブログ より

ホーム > 「かしこい家」の性能 > 0.78のディテール

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る