CACICOブログ HOME > 「かしこい家」の性能 > ロンドン高層住宅火災を類推する

ロンドン高層住宅火災を類推する

6月14日、なのでホンの数日前ですが、ロンドンで高層住宅の火災事故がありました。

ネット情報だけでまとめると

外断熱改修した事が、火災の大規模化に繋がったようです。

外断熱建築物の火災ですが、乾式の場合、大きく2つに分類できます。

①サンドイッチパネル(SWP)火災

②外張り+通気工法による火災

まずは①ですが、SWPとは、金属板で断熱材をサンドイッチ加工した部材です。

写真を掲載すると、いろいろ問題がありそうなので、ご興味のある方は、検索してください。

中国や韓国には、この手の外断熱建築物が多いらしいです。

SWPは、表面が金属、つまり不燃なのですが、

小口(断面)側から火が入ったり、鉄板が高温度で熱せられる事で、内部の断熱材が着火してしまう。

でもって、一度着火すると、鉄板が邪魔をして、消火が出来ずに延焼が拡大するそうです。

このタイプ、実は外断熱だけではなく、色んな用途で使われています。

例えば、こんな感じ。

66p_03

SWPを釣り天井に使った例です。

外壁だけではなく、天井、間仕切り壁等、いろんな所で使われているため、

外断熱専用品と言う訳ではありません。

で、この手の構造は、中に火が回ると、とてもやっかい。

 

もう一つの②ですが、こちらは断熱材と空気層がセットされている場合なので、

より一層危険だと思います。

中国の有名な外断熱火災であるTVCCビル火災が、この該当例。

金属の波板に断熱材が貼り付けられていて、かつ内側が中空だったそうです。

zu2-1

日経アーキテクチュアから転載

図面は断面の構造です。軽量化しながら剛性を高めるため、スペースフレームで中空にしています。

75mm RIGID THERMAL INSULATION と書かれているのが断熱材ですね。

日本語に訳すと、7.5㎝厚の硬質断熱材かな?

春節を祝う花火が引火して火災になったそうなのですが、この図を見て分かるとおり、

「ZINIC CLADDING SYSTEM」 ・・・中も外も亜鉛合金の鉄板に覆われていて、

壁内部の火災を消火する事は不可能です。

ロンドン高層住宅火災はどうかと言えば、下記の写真をネットで見つけました。

 

4761994e

 

この図面が「正」だとすれば、

既存の躯体+断熱材+通気(排水)層+金属パネル

という構造になっています。

金属パネルと躯体の間に、断熱材(可燃物)と空気(酸素)が挟み込まれている

火災に弱い構造に思えますね。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.cacico.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=13560
トラックバックの送信元リスト
ロンドン高層住宅火災を類推する - CACICOブログ より

ホーム > 「かしこい家」の性能 > ロンドン高層住宅火災を類推する

検索
Feeds
Meta

ページの上部に戻る