CACICOブログ HOME > 「かしこい家」の性能

「かしこい家」の性能のアーカイブ

床下エアコンは有りなのか?

床下にエアコンが良いかも。

とブログを書いた事があります。

2012年でした

褒めてますねぇ。

そういう意味では今ある床下エアコンブーム(?)を幇助してます。

そこで改めて床下エアコンの是非を検証をしてみました。

床下エアコンの利点は、

①暖房器具として省エネである

②汎用品なので、単価が安い

③暖気は上昇する、という自然現象を有効に使える。

ですね。

一方問題点は、

①暖気がうまく床下全体に広がる事が出来るのか

②建物の基本性能が低いと効果を発揮しない

③設置場所の確保

④メーカーにしてみれば想定外の使用方法

何ですね。

特に気になるのは①です。

床下というのは、空気的には一つの空間ではあるのですが、複雑な迷路みたいな状態です。

基礎には、内部立ち上がりと言われるコンクリートの壁が多数存在します。

具体的には

一階の壁や柱があるところには、直下に必ず立ち上がりがあります。

また広いLDKが確保されていても、床下はそうではありません。

ザックリな話、構造上3m×4m以上に広い空間は基礎には無い。

と考えて間違いはありません。

空間を切り分ける壁(立ち上がり)は、人通口という通り抜け口で繋がっているのですが、

その広さも60センチ以内と限定されています。

六畳の畳の間を想像して下さい。

その畳のラインが全て壁で、所々にスリットがあって通り抜けが出来る部屋。

そこでエアコンの風を全体に行き渡らせる必要があります。

なかなか大変な気がします。

②は当然ですね。間接的暖房ですから、高断熱住宅である事は必須と言うだけ。

続いて③。これも難問でした。

床下に全てを隠蔽出来ないので、多かれ少なかれ1階フロアーから飛び出すのです。

付けるとすればキッチンが最適かなぁとも思いますが、収納スペースを削る事になります。

また空気を取り込む関係で、完全に覆い隠す事が出来ません。

良くて木製ガラリを付けるぐらいでしょうか?

そして最後の④。

壁掛けエアコンの前面に木製ガラリを付けるだけでもメーカーは嫌がります。

これは当然の話で、

エアコン本体の温度センサーの誤作動、空気の流れを妨げる、リモコンの赤外線が届かない

など多くのトラブルが想定されるから。

半分フロアーに埋め込む。などと言おうものなら、動作保証はしないでしょう。

 

最後にCACICOの結論です。

思いつきは良いが、現実的には問題が多い暖房方法。

床下専用エアコンをメーカーが開発するのを待ちたいです。

現状の壁掛けタイプを流用する方法は、ちょっと人様に進める気にはなりません。

どうしても床下エアコンを導入したい場合は、経験豊富な工務店に頼む事が絶対条件です。

ペア、トリプル、その次は

LIXILが、5層構造の高性能サッシを出しました。

レガリスと言うそうです。

現場を知る者としては、「重いのでは」という懸念があったのですが、

リンク先のニュースリリースにもあるとおり、

内部のガラスを軽量化して、トリプルガラス同等の重量

で留めているそうで、すごいです。

さて、このニュースが出た時は、

やはり日本人、4枚は縁起が悪いから避けたんだなぁ。

などという、気合いの薄い感想しかなかったのですが、

よく考えてみると、巧妙な罠が潜んでいるかもと思い始めました。

サッシの進化をおさらいします。

①アルミ+シングル

②アルミ樹脂複合+ペア

③樹脂+ペア

④樹脂+トリプル

という感じで高性能化してきました。

窓は、サッシ枠とガラスの組み合わせで性能が決まるのです。

現状として、「アルミ+シングル」は住宅用としてはありませんので、

②、③、④からの選択となります。

現実として多いのは、アルミ樹脂複合+ペアの組み合わせなんですね。

何でかと言うと、素直にコスト。

・・・と思っていたのですが、実はそれ以前に

サッシ枠の性能差が分かりづらいから、という理由に気づきました。

アルミ樹脂複合と樹脂の性能差って、ピンとこないと思うのですよ。

なのでペアかトリプルと言う選択になった場合、

トリプルまではちょっと、という訳でペアを選択し、

その後は(どうせたいして変わらないから)安い方でいいや。

というザックリとした選択がされている気がするのです。

そんなところに五層構造ガラスの登場です。

何と呼べば良いのですかね、クインテット(5人組)ガラス?

ここでハッキリとしたヒエラルキーができるのです。

松  クインテットガラス(5)

竹  トリプルガラス(3)

梅  ペアガラス(2)

サッシ枠の性能差と違って、誰が見ても一目瞭然。

中庸好きな日本人としては、松は無理だけど梅ではなぁ。

という訳で竹を選ぶ。

レガリスは、ほんの少し前まで最高ランクであったトリプルを普通クラスにたたき落としたのですが、

これがトリプルガラスの拡販を見越してのたくらみであったら・・・

LIXIL、侮れないかも。

住宅の裏動線

先日の金曜日は、雨だったので外壁工事はストップ状態でした。

(ホントは金曜中にアップする予定がずれ込みました)

なので、朝からベッドシーツを洗濯。

雨天に洗濯できるのは、デシカだからこその荒技ですね。

さて、洗濯しながら考えた事があります。

裏動線って聞いた事があるでしょうか?

この裏動線、当然ながら主動線とセットで使われる用語

どんな感じかというと、レストランなんかが分かりやすいですかね。

主動線はお客さんの通る動線で、

裏動線はスタッフの通る動線。

この二つが重ならないのがベストである事は言うまでもありません。

さて、この裏動線という概念を住宅に持ち込む人が結構います。

しかも家事動線と言う名前に変えて・・・

家事動線を考えて設計するのは、住宅設計の基本。

ですが、その動線を、裏動線として設計するのです。

先ほど例に出したレストランであれば、

お客さん、つまりサービスを受ける側と、

従業員、サービスを提供する側

この二つに、綺麗に分かれます。

当然「お客さん」最優先で正解なのですが、

住宅の場合はどうなんだろうなぁ?

と思ってしまいます。

家族には、サービスを受ける側と提供する側という、ハッキリとした区分けはないと思うのです。

ご主人は家に帰ると何もしない。(昭和チックですね)

だったとしても家族なんだから、同じ動線を動けば良いのではないですかね。

なにぶん動線を2つ取るスペースが勿体ないです。

言い訳として、来客者を持ち出す場合もあります。

雑誌に掲載されるような、日々パーティ!!という家なら必要かもしれませんが、

個人宅における頻度を考えると無駄に思えます。

確かに昭和の家には、普段使わない「客間」が玄関近くにありました。

で、その平成バージョンが「裏動線」だと思うのですね。

住宅での活動は、その大部分が「家事」。

だったら、家事動線が主動線になるべき。

店舗と違って住宅では、「お客さん」と「スタッフ」は同一人物なんですから。

省エネと快適 梅雨編

今までの2編を読まれた奇特な方はお気づきだと思いますが、

省エネと一番相性の悪い季節が梅雨です。

何せ、温度は快適で湿度が高い。

必要なのは、除湿する為のエネルギーです。

机上の話としては「除湿負荷」と言うのですが、

現実的な対応が余りありません。

除湿専用機、エアコン除湿等が考えられますが、部屋ではなく建物全体を考えると

ちょっと気が遠くなりますね。

結局、現代において省エネで快適と言うのは、

温度という側面だけからみた尺度である事が分かります。

 

無断熱・低断熱住宅が、暑い、寒い・湿潤、乾燥の全てを、住む人任せの住宅

とすれば、

省エネ住宅は、湿潤、乾燥が、住む人任せの住宅

と言うのは言い過ぎでしょうか?

CACICO的には、

人間に快適な「温度と湿度」を数値で明記し、

それを再現できる設備を構築する。

省エネは、そこから始まると思うのですが、

何かフライングで物事が動いている気がしてなりません。

省エネと快適 夏編

前回の続きです。

冬、省エネ一辺倒では快適に手が届かない。と言う話でした。

皆さんも自宅に加湿器とか有りますよね。

さて、今回は夏の話です。

こちらは前回前振りしたとおり、冬より厳しい話となります。

冷房においても、あるレベルまでは省エネと快適はWINWINなのですが、

とても早い段階で問題が発生します。

それは冷房、除湿共にエアコンに頼っていることが原因。

低断熱の家では、エアコンの稼働時間が長いのですが、

高断熱化した場合、外部からの熱の侵入が抑制でき、

少ない稼働時間で適温がキープ出来ます。

冬と同様夏においても、それ自体はとても良い事ですが、問題は湿度。

ちょっと長くなりますが、冬と夏の違いを検証します。

まず冬の場合は、

室温を上げる→相対湿度が下がる→加湿

というプロセスを辿ります。

暖房器機と加湿器機が別なんですね。

具体的には

室温16℃  相対湿度50% 

の空間を20℃まで暖房します。

すると

室温20℃  相対湿度38.9%

になります。

絶対湿度はどちらも5.6gと同じですが、

室温が変わったことによって相対湿度が下がり、

人にとって乾燥した空間になるのです。

なので加湿器で湿度を上げたくなる訳です。

 

一方夏は違います。

室温を下げる時に、湿度も同時に下がるのです。

こちらの方が一見合理的なのですが、

住宅の省エネ化が進み、エアコンの稼働時間が短くなれば話が変わってきます。

室温はキープ出来ても、湿度はキープ出来ないのです。

なぜなら省エネ住宅で有ろうとも湿度の発生を抑制できないから。

湿度は、

①人間自身と生活の中から

②24時間換気で外部から

つまり省エネである事で温度環境は良くなるのですが、

湿度環境は(あまり)変わらないんですね。

除湿器として、もっとも能力が高いのはエアコン冷房による除湿なのですが、

エアコン除湿とは、冷房のついで除湿なので、

冷房せずに除湿だけする事が出来ないのです。

すごく遠回りしてしまいましたが、省エネ住宅では

「温度は適温だけど、湿度だけが高い」

この状況下が長く続くのではないかと想像します。

夏の快適は、

断熱付加による冷房エネルギーの削減と、

何らかの除湿器による除湿エネルギー使用

が必要なのですが、

その除湿器が無い、もしくは力不足というのが現状です。

省エネと快適 冬編

明けましておめでとうございます。

今年も、ボツボツと進めていきたいと思っております。

さて、エコ、省エネ、ローカーボン(CO2)、パッシブ

このようなキーワードが、住宅関係には溢れています。

その中で、一番メジャーな「省エネ」と「快適」の関係を考えてみます。

無断熱・低断熱の建物で、暖房する事を

「穴の開いたバケツに水を入れるのと同じ」

と評することがあります。

断熱がスカスカだと、どんなに暖房しても熱が逃げていく。

当然ながら燃費が悪く、なおかつ不快。

この環境に断熱を付加すると、

少しの暖房で快適温度になり、その状況を保つエネルギーも少なくて済む。

暖房の稼働時間が短い事は、気流の発生も短時間で、温度ムラも少ない。

いろんな観点から室内環境は良くなります。

正に省エネを進めることが、そのまま快適を作り出すことなんですね。

 

ではひたすら省エネを進める、つまり断熱を増やし続ければ快適になるのでしょうか?

断熱を付加する、と言ってもいろんな段階(性能)があります。

で、このCP(費用対効果)は、二次曲線を描きます。

初期段階では劇的な変化がありますが、あるレベルからはそれほどでも無くなります。

いわゆる頭打ちになるのですね。

ですが、それがゴールかと言うとそうではありません。

人間の快適は温度だけで決まる訳ではなく、湿度も関係しているのです。

日本の冬は低湿度ですから、そのままでは高温低湿。

低温低湿よりは大分マシですが、そのままではベター止まり。

ですのでベストを目指そうとすると、加湿をする手段とエネルギーが必要。

この段階では、湿度をプラスするという、エネルギーを余計に使う行為が必要となります。

つまり

断熱付加による暖房エネルギーの削減と、

加湿器等による加湿エネルギーの増加によってはじめて

快適をベストに近づける事が出来るのです。

と言っても加湿に使うエネルギーは、それほど多くありません。

うどん県住民だから冬のウエイトが少ない・・・という以上に、

加湿という行為が比較的簡単だから。

お風呂場の戸を室内に開放する、洗濯物を内干しにする等の、

生活の知恵レベルでもそれなりに加湿出来ます。

温度も湿度も、「引く」より「足す」が圧倒的に簡単なのです。

人間自体が発熱&発汗する動物ですから当然と言えるかも知れません。

玄関土間の快適

前回、玄関土間の温熱環境が良くない。という話をしました。

すいません、大分前ですね。

これを解決する手段は、暖房するしかありません。

あまりに直裁な回答なので、「な~んだ」感が強いかも知れません。

「滞在する場所」ではない玄関に何故暖房?

と思われる人もいるでしょう。

ですが、温度コントロールを「部屋」ではなく「建物全体」と考えると見え方が変わってくるのです。

歴史的に見ると暖房は、

局所→居室→建物全体

と範囲が広がっています。

局所とは採暖の事で、囲炉裏やコタツ的なモノ。

かざした手や、足だけを温めるのであり、身体全体が対象ではありません。

それがエアコン等の普及で、「居室」まで広がったのが現在。

で現在の課題は、「居室外」の温度なんですね。

廊下が寒い、脱衣室が寒いが原因で、ヒートショックが発生する。

と言う事をお聞きになったことがあると思います。

 

ちょっと話が逸れますが、冷房の話をします。

冷房、つまりエアコンは、出来るだけ高い位置に付けるのが正解です。

これに異論がある人はないでしょう。

何故なら、冷気は低くに流れるから。

で、その理屈でいけば、暖房は

一番低い所に付けるのが正解。

何故なら、暖気は上昇するから。

なので

以前なら床暖房に人気があり、

最近の(一部ですが)流行りは、基礎断熱を取り入れた上で、床下エアコンなんですね。

さて、玄関土間の話に戻ります。

玄関土間は普通仕上げがタイルで下地がコンクリート。

つまり床下空間(空気層)がありませんので、床下エアコンでは対応できません。

なので、玄関土間を暖房したいのであれば、埋め込み式の暖房しかありません。

 

一般的な床暖房と言えば、フローリングの下に放熱板を敷き込むタイプ。

ですがコンクリート下地&タイルという仕上げでは使えません。

唯一の方法は

コンクリートの中に温水管(架橋ポリエチレン)を埋め込む温水式床暖房です。

木と違ってコンクリートは熱を大量に蓄熱できるので、

宅内の一番低い所がジワッと暖かいという状況が作れます。

今まで「早く通り過ぎたい場所」が、「ほんわかと暖かい場所」になるのは、

なかなか新鮮な感じがします。

もちろん玄関土間を床暖房したからと言って、家全体が暖かくなる訳ではありません。

ですが究極の目的は

家の中の温度を(できるだけ)均一にする。

事な訳ですから、一番冷たいところを暖める。

と言うのは理にかなっているのです。

さて、玄関土間を暖めた実感ですが、

靴が暖まっているのが結構ポイント高かったです。

出かける時に靴が暖か。と言うのは、織田信長になった気分になれますよ。

家で一番冷たいところ

家の性能によらず、室内でもっとも冷たいところは何処でしようか?

あっ、冷蔵庫の中は無しですからね。

それは玄関の土間です。(CACICO想像)

理由は、

①家の中で一番低い場所

②大きな開口、つまり玄関ドアがある

③コンクリート下地+タイル

④居室じゃないので真面目に考えない

と言うところですかね。

快適空間の達成には、建物内の温度ムラを減らす必要があります。

ですが、暖かい空気は上昇する訳ですから、どうしても上下階の温度差は発生します。

その時に一番低い位置が玄関土間です。つまり①

建物の高断熱化を進めれば、上下階の温度差は緩和の方向に向かいますが、

それでも温度差は発生します。

しかも人間は勝手なモノで、1℃温度差があると暑い寒いを感じます。

仕上げ材(壁・床・天井)の中で、床は唯一直接触れる場所というのも影響しているでしょう。

なので旧来は床暖房、最近では床下エアコンなどが登場するのです。

床下エアコンは、日経ホームビルダーの最新刊(11月号)でも大特集されていました。

話が逸れましたね。

②も結構重要です。

冬に窓を開けない人は多いでしょうが、玄関ドアを開閉せずには生活できません。

なので熱のロスは、玄関ドアに集中するのですね。

その上、壁面積と開口部(玄関ドア)のバランスでは、他の部屋と比べて

開口部の割合が大きいため、断熱的にも不利。

しかもその開口部は、ほぼ日射取得が期待できないというおまけ付きです。

③の床がコンクリート下地と言うのも実は大事(オオゴト)。

玄関の床周りは、どんな工法でも断熱しづらいのですが、

特に、うどん県でも大多数を占める従来式の床断熱工法では、

大きな断熱欠損部位になっていることがほとんど。

④に絡みますが、玄関は外履きなので、室内では無いと考えているのかも知れませんね。

と、大きく風呂敷を広げてみました。畳むのは次回にします。

快適な家とは何か

快適とは何か?

温熱環境だけに絞れば

実は簡単に数値で表せる事に気づきました。

夏 温度27℃  相対湿度38% (絶対湿度8.44g)

冬 温度22℃  相対湿度50% (絶対湿度8.23g)

春と秋は、上記の間をゆっくりと遷移。

これが快適な室内環境。

好みによる細かい数値の違いはあるでしょう。

夏の気温が高すぎるとか、冬は20℃で良いのでは、とか・・・

その辺りは趣味の差として考えて下さい。

なので、この近似値を

①気流を出来るだけ発生させず

②建物内部に温度・湿度ムラが少なく

コントロール出来る家

が快適な家と言って良いかと思います。

 

とサラッと書きましたが、これは何もしないで達成することは出来ません。

冷房、暖房、除湿、加湿、日射遮蔽、日射熱取得の全てが関係しますので

コントロール(制御)が必要となります。

ですが、逆に言うと可能です。

今回は短めで。

Low-Eガラスと紫外線の実証

IMG_5239_DxO

リビングのカーペットをめくってみました。

床材はコルクですが、左上から斜めのラインで色が変わっています。

当然、右側がカーペットの下です。

Low-Eガラスの性能が低い。

と言いたい訳ではありません。

どちらかと言うと「太陽熱すごい」と感じました。

築1年。日射が差し込んだ期間は、数ヶ月なんですけどね。

ホーム > 「かしこい家」の性能

検索
Feeds
Meta
4 / 3412345678910...2030...最後 »

ページの上部に戻る