CACICOブログ HOME > CACICOの毎日

CACICOの毎日のアーカイブ

浴室のカビを考える

住宅の中で、もっともカビやすいのは浴室だと思います。

(建物の熱的設計が悪ければ、その限りではないです)

もちろん原因は、大量の水と水蒸気。

なので、浴室をカビから守るためには、とにかく乾燥です。

もっともシンプルな方法は拭き取る事

理想を言えば、

浴室を使った後は、体を拭いたバスタオルで浴室の水分も拭き取る。

だと思います。

体を拭くタオルで掃除なんかしないわ。と言う人ごめんなさい。

掃除用タオルを使ってください。

浴室の水分と言っても(水蒸気は換気に任すとして)拭き取るのは溜まった水。

あっ、バスタブ(浴槽)にはお湯がしっかり溜まっていますが、継ぎ目が無いのでここはOKです。

拭き取る必要のある場所とは、

縦と横がぶつかっている「隅」や、素材が変わる「継ぎ目」です。

建築的には取り合いと言います。

この取り合い部には、どうしても水が溜まりやすいのです。
 
具体的な箇所としては、

大きくは、壁と床、床と扉枠、壁と浴槽の縁がぶつかる所。

小さくは、壁に取り付けたリモコン、シャワーフック、タオル掛けの取り付け部。

そこにはクッション材として、コーキングに代表される柔らかい素材が用いられます。

ですが柔らかいという必須性能は、汚れの温床でもあるのです。

堅い物質であれば、物質内部にカビがに入る事は少ないですし、

擦っても傷つきづらいため掃除も容易。

ですが柔らかい素材は、それとは正反対です。

特にカビに弱いのはコーキング。(一番柔らかいとも言う)

防かびタイプと書かれていますが、性能は気休め程度。

カビの生えたコーキングの断面を見た事がありますが、

カビの根が入り込んでいるため取り除けません。

カビの生えたコーキングは、打ち替えるしかないのです。

 

まとめると

浴室内で水が溜まりやすいのは取り合い部。

取り合い部には柔らかい素材が多く、カビや汚れに弱い。

これを防ぐには、できるだけ早く水分を拭き取る。

なんですね。

 

きれい好きな人は可能かも知れませんが、

一般的には、漂白剤に頼る事になるのでしょうね。

オリーブ豚の誕生

「オリーブトン」と読むそうです。

うどん県はオリーブでも有名。と言ってもほぼ小豆島に集中しているのですが・・・

さて、オリーブの絞りかすを飼料に混ぜてできたのが

オリーブ牛

その勢いで作ったのが、オリーブ豚らしいです。

 

うどん県には讃岐三畜(さぬきさんちく)というものがあります。

牛   オリーブ牛

鶏   讃岐コーチン

と決まっており、豚部門が、オリーブ豚・・・ではありません。

豚   讃岐夢豚(ゆめぶた)

なのですね。

ではオリーブ豚の位置づけは、と言うと

オリーブ夢豚 > 讃岐夢豚 > オリーブ豚

という関係らしいです。

高級路線は讃岐夢豚で、その高付加価値版がオリーブ夢豚。

なので、オリーブ豚は三番手。

ちょっと位置づけは寂しいですが、リーズナブルで美味しい。のであれば無問題。

早速ロース肉を厚切りで焼いてみました。

単に焼いて、野菜を盛り付けただけですが、

盛り付けが偏ってしまいました。

気を取り直して実食

なかなか美味しいです。

行きつけのお肉屋さんは、

「讃岐夢豚は数が少なくて、あまり入ってこないんだよねぇ」

って言ってましたので、これから豚はオリーブ豚で地産地消ですかね。

発音はオリーブトンでよろしく。

9条を巡る政治と司法

先日自衛権ネタを書きましたが、その中で集団的自衛権が違憲かどうか?

という話をスルーしました。

ですので、その話をまとめます。

まずは話題の中心である憲法九条から。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

第二項

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

憲法とか法律の文章って分かりづらいです。

異論がある事を承知でまとめると、

第一項は、国際紛争を解決する手段としての戦争を放棄する。

第二項は、前項の目的のための軍事力を持たない。

ですね。

で、1行にまとめると

国際紛争を解決する手段としての軍事力をもたない。

だから平和憲法と言っているのです。

普通に、「えっ、自衛隊って軍隊じゃないの?」という疑問が出ますよね。

 

ポイントは、第二項の頭にある前項の目的のためのという一文でしょうか。

前項、つまり第一項の目的とは簡単に言うと、国際紛争

国際紛争解決以外の軍事力行使なら良いよ。

って解釈できるのです。

 

最も日本国憲法は、GHQが英語で書き、それを頑張って日本語訳したものですが、

初期の案では、「前項の目的のための」という文言はありませんでした。

一番初めはこんな文章

第九条

国の主権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、他国との間の紛争の解決の手段としては、永久にこれを抛棄する。

第二項   陸海空軍その他の戦力の保持は、許されない。国の交戦権は、認められない。

 

これなら、軍事力は完璧に憲法違反です。

ですが「前項の目的のための」という一文を、後から付けた日本人がいるために

自衛のためなら良いんじゃない?

と言う話になっているんですね。

 

政治上の争点は

① 自衛のための軍事力(自衛隊)は違憲か

② 自衛のための他国との条約(日米安保)は違憲か

③ 集団的自衛権は違憲か

と年代に応じて変遷しました。

始まりは当然①ですよね。

武力を持つのは憲法違反。つまり非武装中立が憲法の趣旨だ。

という主張です。

この主張が完全に打ち止めになったのは実は結構最近で、1994年の事。

現在の社民党や民主党の前身である、社会党の村山さんが首相になった年。

社会党は政権を取った途端に、手のひらを返して「自衛隊は合憲」と表明。

なので国会で最も強硬意見でも、自衛隊は違憲だが、現状は容認する、というもの。

さて時代は相前後しますが、日米安保にまつわる、安保闘争なるものがありました。

1960年に第一回目の安保闘争。所謂60年安保と呼ばれるもの。

その後、安保の期限である10年が経って行われたのが、70年安保。

で、これを焼き直したかのように行われているのが、

現在の集団的自衛権反対運動です。

当時は、日米安全保障条約を結ぶと、日本がアメリカの戦争に巻き込まれる。

現在は、集団的自衛権を認めると、日本が他国の戦争に巻き込まれる。

いゃあ、まったく一緒ですね。

運動母体が同じなのですから、当然かも。

 

さて次は、集団的自衛権と憲法の関係、つまり司法の判断です。

司法の歴史では、

「軍備を持つのは違憲か合憲か」、「安保は違憲か合憲か」

という争いが、色んな形で提議され、最高裁まで争った事も多いです。

その結審は概ね。

高度に政治的な問題なので、司法の判断する事ではない

でした。

ぱっと読むと問題を回避しただけです。

ですがちゃんと理屈があります。

「高度に政治的な問題」と言うのは、

「自国内で終わらず、他国が絡む」、つまり国家間の懸案を指します。

当たり前の事ですが、日本国憲法の効力は日本国内に限定されます。

で、その効力があるのも、日本という国が独立しているからです。

他国に侵略されてしまうと、日本国憲法には何の効力も無くなります。

つまり、憲法とはものすごく内弁慶なルール。

だから

国の存亡に関わる問題に関しては、司法は口を挟まない。

国が無くなったら元も子もないのでヨロシク。

ってとこでしょうか。

この様な考え方を統治行為論と呼ぶそうです。

 

前回も書きましたが、集団的自衛権は国連憲章で認められた権利。

日本も集団的自衛権は持っています。

持っているけど、行使しないと言う事を閣議決定しているだけなのです。

 

ですがCACICO的には、

他国との安全保障条約(日米安保)は、集団的自衛権じゃない。

と言うのは無理筋。

予算出して、基地提供して、軍事演習一緒にして、

それで集団的自衛権は行使していないと言い張られてもねぇ。

 

日米安保が政治的に認められ

(民主党政権が認めたので、反対は共産党だけかな)

司法的には統治行為論によって門前払い。

 

現在既に集団的自衛権を絶賛行使中なのですが、何か問題ありますかね。

アジフライを洋風で

フライものは家でやりません。

油煙が家中に廻りそうだから。

なので外食に行くと揚げ物を選択してしまう事が多いです。

だけど、スーパーでアジと目が合ってしまい、

色々考えたのですが、結局アジフライに。

た~っぷりの油で揚げると良いのでしょうが、

後始末も面倒なのでフライパン&少なめ油で揚げました。

野菜室の片隅に、よく熟れたトマトがあったので湯むきしてまるごとトマトソースに。

付け合わせは、夏定番の焼きナス。

今日の酒のアテが完成です。

さあ何を飲もうかな?

自衛権を考える

だいそれたタイトルですね。

現在、個別だ集団だともめていますが、

皆さん個別的自衛権はOKという前提で話しているようですね。

以前は「自衛隊は違憲だ」という訴えだったのが、今は「集団的自衛権は違憲だ」みたいです。

で、集団的自衛権に反対の人の論理は、

集団的自衛権を容認

  ↓

他国の戦いに巻き込まれる

  ↓

徴兵制になるはず

という論法に聞こえます。

はっきり言って、論理的なつながりはありません。

 

今回は、日本国憲法において「違憲かどうか」という話ではありません。

世界における自衛権と徴兵制の関係を書いてみます。

 

ヨーロッパ(つまり先進国)の現状を。

第二次大戦の敗戦国と言えば、ドイツですよね。

さてドイツにおける自衛権の行使です。

個別的自衛権でしょうか、集団的自衛権でしょうか。それとも軍隊を持ってないですかね。

 

正解は集団的自衛権です。

具体的にはNATOと略される北大西洋条約機構(アメリカ。カナダ、ヨーロッパ諸国が参加)

の軍隊であるNATO軍に所属しています。

 

話が少しずれますが、ドイツはものすごい武器輸出国。

世界シェアの5%で、国別なら4位。

1位アメリカ 31%、2位ロシア 27% 3位中国 5%、

上位2つがダントツですけど、中国が上がってくるまでは3位でした。

 

NATOの加盟国は、自動的にNATO軍に所属し、集団的自衛権で守られているのです。

現在NATOは28の加盟国がありますが、この中で徴兵制をとっている国は5つ。

具体的には、エストニア、ギリシャ、ノルウェー、スロベニア、トルコ。確率は5/28

先ほどヨーロッパ諸国と書きましたが、ヨーロッパにはNATOに加盟していない国があります。

NATOを使った集団的自衛権の枠組みには入らないと決めた国です。

その国は、オーストリア、キプロス、フィンランド、スウェーデン、スイスの5カ国。

で、スウェーデン以外の国は全て徴兵制があります。確率は4/5

スイスは永世中立国として有名ですよね。

つまり一切の集団的自衛権は行使せず、個別的自衛権のみで行く訳です。

軍隊もあります・・・と言うか、徴兵制を持ち、国民皆兵が国是。

他国と連携した自衛権を使わない国は、自国で全ての自衛をする必要があります。

なので、色んな意味で意気込みが違います。

スイスのWikiに書いてある通り、

常備軍を構成するのは約4000名の職業軍人であるが、徴兵制度により21万名の予備役を確保している。傭兵の歴史を持つスイスでは、国民皆兵を国是としており、徴兵制度を採用している。

他国を侵略する気はないけれど、侵略されたら焦土作戦してでも最後まで戦うという勢いです。

他国に囲まれた地理的条件で「中立」を保つためには、それだけの覚悟がいるのでしょう。

どちらにしてもヨーロッパにおいては

個別的自衛権のみでやっている国の方が徴兵制度の割合が高い。

というのが現実で、なおかつ先進国で徴兵制を取っている国はありません。

 

蛇足ですが、個別&集団的自衛権がない国は、世界中に1国もありません。

国連憲章に、全ての加盟国は個別&集団的自衛権があると書いているのですから。

スイスは持っているけど使わないという選択をしているだけなのです。

 

集団的自衛権が明文化されたのは第二次世界大戦後の1945年。

ぶっちゃけて言うと、個別的自衛権では戦争が起きやすいので、グループを作ってお互いに両手両足を縛って戦争を減らそう。というのが、集団的自衛権だと思います。

キッチンを綺麗に保つには

以前キッチンを綺麗に保つ秘訣として、食器洗い用のスポンジを乾かす事。

というのを読んだ記憶があります。

キッチンの洗い物が済んだら、スポンジも洗って外に乾す。

その時の感想は、「出来たら良いだろうなぁ」でした。

雑菌やカビが繁殖するのは、水分があるところ。

なので洗い物をした後、一番最後に残るのは、布巾とスポンジなんですね。

布巾は、基本取り替えていく。

と考えたら残るのはスポンジです。

でもまぁ、

ちょこちょこ使いになるスポンジを度々外で乾すのは(私では)無理だと思い、した事なかったです。

でも、よく考えると問題点はスポンジ1個体制にあるのではと思いあたりました。

布巾と同じように、スポンジも数個を使い回す。

こうすると、いつもスポンジは綺麗なまま。

・・・生活の当たり前だったらごめんなさい。

と思うのは良いのですが、実行しないままの生活です。

さてデシカと生活をしているとこの問題は簡単に解決しました。

何故なら、夜使った布巾やスポンジ。

キッチンで水を切った状態にしておくと、朝には乾いているから。

布巾は、絞ったら掛けますよね。

スポンジも絞って水切りかごに入れます。

そうすると、翌日には乾燥状態。

乾燥が綺麗のツボである事が共通項でした。

タイ風春雨サラダ

あっさりしたものを食べようと、アジアンなサラダを作ってみました。

アジアンと言えば、やはり調味料。

スーパーで探していると、ニョクマムとナンプラーが。

何が違うのか?

とラベルをみても、どちらもカタクチイワシを使った魚醤。

調べてみると国によって名前が違うらしい。

ニョクマムはベトナム、ナンプラーがタイ。

手元にある春雨がタイなので、ここはナンプラーを選択。

 

後、パクチーを・・・と探してみたけど無かったので、イタリアンパセリで代用。

見た目は似ているけど、味は別物という話。

さてレシピ。

①春雨を湯戻し

②むきエビがあったので、手近な野菜とニンニクで炒める。

③ナンプラーとレモン汁を半々な感じでタレを作成

④全部を混ぜる

⑤トッピングは、イタリアンパセリ、ミョウガ、アーモンド

適当なレシピですいません。

ですが、やはり料理は調味料。

なんかしっかりタイ風な感じになりました。

夏の食卓

先日、街のシューレが庭マルシェで「せとうちフェア」をしていました。

左から、コリンキー、ズッキーニ(ステラ)、茄子(リスターダデカンジア)

分かりやすく言うと、

生で食べられるカボチャ、花ズッキーニの身、スペイン原産の茄子です。

コリンキーは生食と言うので、

色が綺麗です

なんかしゃりしゃりと食べられます。

ズッキーニは素焼き。

一緒に売ってた、「さぬきのめざめ」というアスパラガスも一緒に。

ズッキーニもかぼちゃの一種らしいです。

で、このステラと言うのはイタリア語で星。

輪切りにすると断面が星のよう見えるからついたネーミングらしいです。

(今回は、縦に切ったので意味なしですね)

因みに野菜を焼く時は、ガスレンジの魚焼き器が多いです。

これに美味しい塩付けて食べると幸せ。

茄子は炒めてみましたが、・・・写真撮るの忘れました。

さて、ここまでお洒落な野菜じゃなくても、

今や普通のズッキーニはキュウリと同じ勢いで売られています。

なのでCACICOの食卓は、日々

焼きなす、焼きズッキーニ、焼きアスパラ

何せ焼くだけですから、めっちゃ簡単です。

日本の漢字文化

以前、「ふかんじょうせつ」の話で、日本の漢字は良いですね。

と言う話をしました。

漢字は現在中国が存在する地域が起源ですが、日本で独自の発展をしています。

回りくどい表現ですが、中華人民共和国という国は建国してから80年程度なのです。

で、日本に置いて漢字はどんな発展をしているか?と言う話をしてみます。

 

音読みと訓読み

「国破山河在」って何て読みますかね。

音読みしたら、「コクハサンガザイ」です。

字面を追えば何となく意味は分かりますが、あくまでも何となく。

ですが日本人は「国破れて山河在り」と訓読みする事によって、

漢文を日本語(やまとことば)に翻訳しているんですね。

このことによって、日本人なら確実に意味が分かるのです。

 

次は和製漢語。

江戸時代後期から明治にかけて、西洋の文化が大量に流れ込みました。

これを、ほとんど全てと言って良い勢いで日本語に翻訳してます。

蛋白質、酸素、原子、分子、電話、野球、等という個別の名称から、

思想、資本、階級、共産主義、哲学、文化、唯物論、倫理、人権など、思考の元になる概念(これもそうです)

片っ端から翻訳、と言うか造語したんですね。

例えば、中華人民共和国ですが、日本がRepablicを共和国と翻訳したから存在する名称ですし、

不感蒸泄も和製漢語。

それで日本人は母国語で高等教育を受ける事が出来るのです。

しかも高等知識が、何となく分かってしまうというおまけ付き。

例えば葉緑素という単語があります。

英語ならばchlorophyllなのですが、

実はこれchlorogreen()phyllleaf()を指すギリシャ語由来の言葉。

なので英語圏の話ですが、

理科の授業を受けた人は単語として覚えているでしょうが、

知識の無い人が連想できる単語では無いらしい。

例)

裸子植物  gymnosperm   胚珠が剥き出しの植物

被子植物  angiosperm    胚珠が覆われている植物

変温性   poikilothermo     外部の温度により、体温が変化する

恒温性   homeothermo   外部の温度に関係なく、体温を維持する

漢字だと何となく意味が推測できますよね。

でも英語で推測するのは困難

(英語ネイティブでも、古ギリシャ語やラテン語という教養が無いとダメという意味)

専門的または知的語彙には、元がラテン語だったりギリシャ語だったりする場合が多々あり、

その場合は、つづりから意味を連想することが出来ないのです。

不感蒸泄を英語て書くとinsensible perspiration

日本人全員が頑張って英語を身につけるのと、きっちりとした日本語翻訳。

どちらが日本人全体にとって大切な事かは、言うもでもありません。

江戸末期から明治の先人には感謝です。

コメント欄の復活

CACICOブログはコメント欄を閉鎖していました。

コメントの書き込みを嫌っているのではありません。

訳解らないスパム投稿が大量に流れ込んで来たからです。

書き込みもほとんど無いという現実もあり、コメント欄の閉鎖を行いましたが、

過去のコメント欄を閉鎖しなかった事で、スパムが1万件を超える事態に。

 

流石に「公開しないから良い」を通り越していると判断し、ホームページの管理会社に相談。

1万件のスパムを(人力で)削除の上、スパム防止のフィルターを搭載したよ。

と連絡を受けましたので、コメント欄をオープンする事にしました。

ご意見、ご感想ありましたら、コメント頂ければと思います。

ホーム > CACICOの毎日

検索
Feeds
Meta
10 / 38« 先頭...6789101112131415...30...最後 »

ページの上部に戻る